はじめに

みなさんはレゲエという言葉を聞いた事はありますか?
レゲエミュージックと言われています。
レゲエミュージックに合わせて踊るのがレゲエダンスですね。
今回は世界のダンスの1つのレゲエダンスについて紹介したいと思います。

レゲエ

レゲエという名称の語源とは、諸説ありますが⼀説によると、「ぼろ、ぼろ布、または⼝げんか、⼝論」という意味を表すジャマイカ英語のスラング、パトワ語で「レゲレゲ (”rege-rege”)」が転じたものと⾔われています。 そして、レゲエのアンサンブル、またレゲエバンドにおいて使⽤される楽器は、ドラムセット、ベース、ギター、キーボード、パーカッション、そしてトロンボーン・サキソフォーン、トランペットによって構成されるホーンセクションであるのが特徴的です。 最も特徴的である演奏様式はドラムとベースによるリズム隊によって形作られる特有のグルーヴを中⼼に、リズムギターやキーボードが第 2、第 4 拍⽬にアクセントを置きオフビートを刻む部分であると⾔えるでしょう。 そして 1970 年代には、レゲエと⾔ったらこの⼈、とも⾔えるボブ・マーリーの世界的ヒットなどを経て、レゲエの演奏様式はアフリカ、ラテン、アメリカ、アジアなど世界の様々なポピュラー⾳楽にも取り⼊れられて演奏され るようになりました。また、ジャズ、ロック、ヒップホップなど異なるジャンルとの融合や、レゲエ⾵アレンジも多く⾒られ、⼈気も⾼まっています。

レゲエダンス

セクシーな⾐装をまとった⼥性ダンサーがお尻を振ったり、開脚したりするイメージが強いですが、男性のダンサーやチームも存在します。 レゲエダンスは運動量が多いダンスとして知られ、三点倒⽴や開脚などハードなうえに柔軟性を必要とする振付がほとんどです。また、ときには危険に思えるパフォーマンスで観客を楽しませるサービス精神も求められます。 レゲエダンスには⽋かせないテクニックとして、「ワイニー」が挙げられます。 ワイニーとは、ワイングラスをくゆらすように⼥性が妖艶に腰を回す振りです。基本的には⼥性の踊りですが、男性がそこに絡み男⼥でカップル・ダンスを踊ることもレゲエの⼤きな醍醐味のひとつでもあります。 「ドテワイン」というテクニックも⽋かせません。⼥性が⾸をぐるぐる回して⻑い髪をふり乱すダンス。元々トニー・マタランの同名曲の振り付けとして広まりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

兵庫県のビール「白雪ビール(KONISHIビール)」

白雪ビールは、兵庫県伊丹市にある小西酒造が造っているビールです。小西酒造は、1550年(天文19年)に創業。…

知る人ぞ知る1月26日の〇〇の日・〇〇記念日

2020年1月も残り数日なりました。 そんな1月26日は色々な記念日があります! 知る人ぞ知る記念日を紹介し…

春の風物詩といえば…桜!桜にも沢山種類があるのでしっかり勉強しておきましょう

春といえば桜と言っても過言ではありませんよね。実はそんな桜にも沢山の種類があり、耳馴染みのない桜もあるんです…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。