人間なら「空腹」になるのは当然のこと!

人間が食物の消化にかける時間は食品によって違うものの、約3~5時間だと言われています。つまり、空腹を感じるのは、健康な人にとって当たり前のことなのです。
この空腹を無理に抑え込もうとすると、その反動で食欲を増進させることになり、食べ過ぎを繰り返して自己嫌悪で、ストレスをため込んでしまいます。

交感神経を刺激して、空腹を紛らわそう!

「空腹」は、交感神経を刺激すると紛らわすことができます。交感神経を刺激すると血糖値を上昇させることができるため、空腹を紛らわせられることが出来るのです。

方法としてオススメなのは運動です。運動すると逆にお腹が減ると思うかもしれませんが、一定時間続けることで交感神経が活性化され、その結果、食欲を感じにくくなります。運動の内容については、ウォーキングやジョギングといった軽めのもので構いません。それを20分ほど続けると、空腹を紛らわすことが可能です。また、時間のない人は10秒ほどの短距離走でも効果を期待できます。

他には、ホラー映画を見ることです。スリリングな内容が多いホラー映画は、アドレナリンの分泌を促進して交感神経を刺激します。ホラーが苦手であれば、アクション映画など興奮できるような内容にすると良いみたいです。

低カロリーの飲み物で、空腹を紛らわそう!

カロリーの低い飲み物を摂取することも「空腹」を紛らわすのに効果的です。特にオススメなのが水。空腹を紛らわすだけでなく、血液の循環を良くするため基礎代謝が向上し、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

水の代わりに炭酸水も良いですね。水と同じ効果を得られるだけでなく、満腹感を得やすいため空腹を紛らわしやすくなります。しかし、少量ですと炭酸が胃を刺激し食欲を増進させる可能性があるので、300mlは飲んだ方が良いみたいです。

また、コーヒーも空腹を紛らわす飲み物としては最適です。コーヒーに多く含まれるカフェインには、食欲の抑制効果があります。カロリーも低いため、ダイエット中にも気軽に飲めるでしょう。ただし、砂糖やミルクを入れるとカロリーオーバーになりますので、ブラックで飲むのが基本です。

低カロリーの食べ物で、空腹を紛らわそう!

どうしても食べたくなってしまったら、食べ物でも「空腹」を紛らわしましょう。例えば、こんにゃくゼリーや寒天などの食品は基本的にカロリーが低いので、空腹を満たすにはピッタリです。ただし、糖分が含まれていますので、食べ過ぎには注意しましょう。

次にガムです。噛み続けると満腹中枢を刺激されるので、空腹を紛らわすことができます。また、ガム1個当たりのカロリーも非常に低く、ダイエット時には最適です。特に、キシリトールガムは1粒当たり約3キロカロリーなのでおすすめです。

ドライフルーツやナッツも空腹を紛らわせられます。ドライフルーツの栄養価は高く、ナッツには抗酸化物質も含まれているため、ダイエット中に不足しがちな栄養素を摂取することもできます。しかし、糖分や脂質が多く含まれているので、食べ過ぎには注意です。

そのほか、高カカオチョコレートも空腹を紛らわせられる食品です。また、カカオ含有量が高いチョコレートは多くのポリフェノールが含まれているのでイライラなどの抑制効果も期待できます。ちなみに砂糖が多く含まれるチョコレートでは意味がありませんので注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

冷房病にご用心

これから本格的な夏を迎えるにあたり、職場や自宅の温度設定には気を配られることと思います。 クールビズが推奨…

イクラと聞くとプリン体が心配と連想してしまいがちですが、実はそこを気にせず食べられて…

いくらやすじこは鮭の卵から作られるため栄養価が高く、天然の栄養カプセルともいわれています。いくらはプリン体が…

捨てたら勿体ない!「みかん」は白い筋も袋の部分もまるごと食べよう!

冬に食べたい果物といえば、「みかん」ですが、白い筋や袋の部分を丁寧に取り除いて食べる方いますよね。実は栄養を…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。