「ワイン」の健康効果

“酒は百薬の長”ということわざがありますが、「ワイン」ももちろん健康にいいんです。実はワインは色の違いによって、期待できる効果が異なるのをご存じですか?

健康のためにのむのであれば、ポリフェノールの多い「赤ワイン」の方がオススメです。産地や熟成度合いも様々なのでポリフェノールの量も一定とはいえませんが、ボトルでの熟成度合いは5年程度経過したものがよいと言われています。

ちなみに、骨を強くする効果やヘリコバクターピロリの抑制、腸の動きをよくするなどの効果なら「白ワイン」の方がよいみたいです。

黒ブドウが原料の「赤ワイン」

「赤ワイン」の原料は黒ブドウで、実・果皮・種すべてを一緒に仕込むのが特徴です。赤色は、果皮のアントシアニンに由来しています。

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があるといわれており、動脈硬化やがん、老化の予防効果があります。また、レスベラトロールという物質の効果により、認知症やアルツハイマー症の予防も期待できます。

白ブドウが原料の「白ワイン」

「白ワイン」の原料は白ブドウで、ブドウを潰して果汁のみを使用して仕込んでいます。

強力な殺菌効果が特徴を持つ白ワイン。これは有機酸によるもので、とくに食中毒に効果があります。また、白ワイン特有のカリウムは、塩分を排出する効果があり、むくみ対策や高血圧対策に効果があるとされています。

ワインは嗜む程度に飲みましょう。

いくら健康に良いと言っても、もちろん飲みすぎは禁物。無理せず嗜む程度にとどめることが大事です。

厚生労働省が「1日の適度な飲酒は、純アルコールで20g程度」と提唱しているので、ガイドラインに沿って1日に飲むワインの適量は、グラス2杯が目安にしましょう。お酒が弱い人は、もちろんこれより少な目です。また、肝臓に負担をかけないよう、料理と一緒に飲むようにすると良いですね。

また、週に2日ほど休肝日を決めておきましょう。さらに、21時以降の飲酒は太りやすくなり、睡眠の質が下がる可能性があります。夜遅くの飲酒は睡眠が浅くなり、質のよい睡眠にならないため、控えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

魚のすり身を棒に巻き付けて焼き上げたちくわ。どんな効果があるのでしょうか。

魚のすり身を棒に巻き付けて焼き上げたちくわは、古く日本人に愛されていきました。「豊橋の竹輪」、「出雲の野焼き…

脂肪を燃やすアミノ酸「カルニチン」の効果とは

殆どのアミノ酸は身体をつくるための構成物質になることが主な働きになりますが、「カルニチン」は身体の構成物質に…

かぼちゃは炭水化物、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維を含み、うり科の中ではいちばん…

江戸時代より「冬至にはかぼちゃ」というほど栄養満点のかぼちゃは、大切な冬の定番野菜。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。