最近朝が肌寒くなってきました。
寒いとなかなか体起きないよですね。
そんな時は朝食の食材で体を暖めてみませんか

体を暖めよてくれる食材

食べ物には体を温めるものと体を冷やすものがあります。
体を温めるものを「陽」といい、冷やすものを「陰」といいます。
体を温める効果のある、陽の食べ物を選びましょう!

・しょうが、唐辛子、スパイスなどの体を暖め、発汗や利尿作用があるもの

・旬の食材、寒い地方で産出された食材。
白菜、ほうれん草、大根など冬に美味しくなるものばかりです。
お味噌汁に入れればたっぷりの野菜とともに、程よい塩分で体が温まります。

・地下でエネルギーを蓄えた食材。
いわゆる根菜類・芋類です。食物繊維が腸と血液をキレイにします。
加熱することで体を温める食材になります。

・水分をあまりふくまないもの

・色の黒っぽい食材・色の濃い食材。
白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、など色の濃いものの方が体を温めます。

また摂り過ぎはよくありません。
スパイスなどは発汗作用が大きいため食べ過ぎるとたくさん汗をかいてしまいます

体を冷やしてしまう食材

・水分を多く含む食べ物
生命にとって、水は大切ですが、多く取りすぎると害になることがあります。
たとえば、35℃の外気温なら「暑い」と感じるのに、35℃のお風呂だと「ぬるい」と感じますね。
それは、水はからだを冷やす作用があるからです。
体内に余分な水分がたまり、体外に排泄できない状態を「水毒」と呼びますが、
これも冷え性の原因となり様々な不調を起こします。

・白っぽい食べ物
白い顔をした人は冷え性の人が多いのですが、食べ物もそれと同じで、青白い色の外観をした食べ物は、からだを冷やします。

・南方産または夏が旬の食べ物
南方に住む人は、毎日暑くてしかたがありません。
暑さが体力をうばうこともありますので、南方でとれる食べ物は自然にからだを冷やすようにできているのです。
同様に、暑い夏に取れる食べ物も身体を冷やす作用があります。
冷え性の方の体質には合わないことが多いでしょう。

・柔らかい食べ物
パン・バター・マヨネーズのように柔らかいものは水分か油を多く含んでいるので、からだを冷やす性質があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
人間にとって朝食は1日のはじまりであり、体のリズムをつくる大切なものです。
朝食なのでなかなか凝った料理は出来ませんが、寒い朝などに体を暖めてくれる食材を取り入れてみてはいかかでしょうか。
ダメなのは忙しいからといって朝食を食べないというのは避けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

来月の9月にはこんなにも〇〇の日がありますよ!その13

9月にはいろんな記念日があります。 色々な協会などが定めている記念日。 どんなものがあるか。面白い記念日があ…

8月5日は〇〇の日!知っているあなたは凄い!

真夏です! 今年の夏はいつもの夏とは違う感じですね。 もう味わう事がないかもわからないこんな夏の8月。 いろ…

捻挫をした時の対処法とは

捻挫とは呼んで字のごとく「捻る(ひねる)」「挫く(くじく)」ことです。関節に不自然かつ強い力がかかって、靱帯…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。