腸内環境をキレイにしてくれる食材とは

「腸」をキレイにする腸活では、腸内細菌にいい食べ物が必要不可欠です。食事によって、腸内細菌の状態は良い方向にも悪い方向にも変化しますので、腸内細菌にいい食材を少しでも多く取り入れましょう!

ごぼう

野菜の中でトップクラスの食物繊維の量を誇っている「ごぼう」。食物繊維は、腸内を刺激して排出に導いてくれます。腸内の食物繊維は有害物質も一緒に流してくれるので、肌の調子も整えてくれるという嬉しい効果もあります。

さつまいも

食物繊維が豊富なイメージの「さつまいも」。もちろん食物繊維も豊富ですが、オススメの栄養素は“ヤラピン”です。ヤラピンはさつまいもを切ったときに出てくるベトベトした白い液体状のものです。このヤラピンが食べたものを消化するための腸のぜん動運動を促進してくれます。

キャベツ

「キャベツ」も食物繊維が豊富に含まれているので便秘を改善し、ビタミンUやビタミンKが腸に発生する炎症やトラブルを治療してくれる効果もあるんです。胃に良いイメージがありますが、腸にも良い野菜なんです。

りんご

「りんご」には水溶性食物繊維であるペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは腸内を酸化させる働きがあるので善玉菌の繁殖を促し、逆に悪玉菌を減少させてくれます。便秘や下痢の予防や改善をしてくれるので腸内環境が整います。「りんごは医者いらず」と言われるほど、万能食材なんです。

バナナ

「バナナ」の食物繊維の量は果物の中でもトップクラスで、バナナに含まれる食物繊維、それにオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれます。バナナは青くて若い状態と黒くなって柔らかくなった状態で食物繊維の量が違い、若いバナナのほうが食物繊維が多いそうです。

キウイフルーツ

「キウイフルーツ」を1日1個食べると腸内フローラを整えてくれると言われるほど、キウイフルーツは腸活にかかせない食べ物です。バナナと同じくキウイフルーツも食物繊維とオリゴ糖の働きで腸内フローラが活発に働き腸内環境を整えてくれます。

ヨーグルト

腸活には発酵食品が欠かせません。まずは「ヨーグルト」。ヨーグルトと言えば乳酸菌ですね。腸の中の毒性物質を作り出す悪玉菌を減少させて、腸の本来の働きがあります。乳酸菌はがんの予防・改善、それに免疫力の向上に効果を発揮することが証明されていまし、乳酸菌が豊富なヨーグルトは優秀な食べ物なんです。

納豆

「納豆」はナットウキナーゼという酵素が有名です。その他にも脂肪やタンパク質、食物繊維などを分解する酵素も含まれていて、食事で摂り入れた栄養素を吸収しやすい形にして腸内環境を整えてくれるんです。その結果、新陳代謝も向上させてくれます。

キムチ

発酵食品の「キムチ」には、ラクトバチルスという植物性乳酸菌が含まれています。植物性乳酸菌は、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌よりも、腸に生きたまま届くと言われてるんです。

食事で腸内環境を改善しよう!

上記のように腸内環境を改善できる食材は身近にあるもので十分なんです。組み合わせても美味しい食材なので、腸内環境を改善するためにも、食事に取り入れてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

緑茶の輸出数量・金額が過去最高を記録!海外の緑茶人気を牽引するアメリカの最新お茶事情…

サンフランシスコではIT×お茶の最新サービスを。シリコンバレーの先端企業ではワークコンディショニング飲料にお…

目の下のクマの原因は??

目の下のクマ、気になりませんか?

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。