秋の定番スイーツ「焼き芋」

近年、専門店もできるほど人気となった「焼き芋」。原料となるさつまいもは、甘味があって栄養価も高く、カロリーが高いと思われがちですが、実はご飯よりもカロリーが低い食材なので、同じ量を食べてもお腹にたまりやすく、ダイエット効果があります。

ビタミン・ミネラル・食物繊維など、健康や美容において欠かせない重要な栄養素を豊富にふくんでいますが、さつまいもだけに含まれるヤラピンという成分があり、便秘解消に効果的です。ヤラピンには胃の粘膜を保護する働きがあり、腸のぜん動運動を促すことで、便を柔らかくし、排出しやすくする働きがあります。根や葉、茎にも含まれ、加熱しても変質しないので、健康食品にも用いられるほど効果が高い成分です。

さつまいもを加熱するといいことが!

さつまいもに含まれるビタミンCは、鉄の吸収を助けることにより、貧血を防ぎます。ビタミンCは熱に弱いと言われていますが、さつまいもの場合、調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作ってビタミンCを保護するため、加熱しても壊れにくいのも特徴です。

さらに、さつまいもは加熱をした方が食物繊維量が過熱前の約1.6倍に増えるそうです。「焼き芋」は食物繊維が非常に豊富。食物繊維は水分を含んで胃や腸で膨張するため、食欲を抑える効果があります。

加熱したものをさらに冷ます?実はダイエットに効果的な「焼き芋」

意外に思いますが、「焼き芋」はダイエットに効果的なんです。

ダイエットにおいて難しいと言われているのが、カロリーを減らしつつ必要な栄養を摂取することですが、「焼き芋」なら食事を大きく減らしたとしても多くの栄養素を補給できるため、健康や美容を維持しつつ痩せることができるのです。もちろん「焼き芋」だけでは摂取できない栄養素もあるので、焼き芋だけ食べる極端なダイエットは止めましょう。

また、ダイエット目的であれば、「焼き芋」を冷やしてから食べるのがオススメなんだそうです。さつまいものようなイモ類に含まれる糖質の一種であるでんぷんは、加熱され糊化したものが、冷えることで再結晶化し消化されにくい構造に変化するそうです。“レジスタントスターチ”と呼ばれる現象で、消化されない(レジスタント)でんぷん(スターチ)という意味です。加熱し冷やされたでんぷんは、ほとんど消化されずに腸内を移動することで消化が緩やかになるため、血糖値の急激な上昇が抑えられダイエットに効果的なんだそうです。しかも、腸内を移動するときに腸内を活性するのでお通じにもいいんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

梅雨時期を元気に乗り切る為の栄養って何があるのでしょうか。

梅雨を元気に乗り切る為に摂りたい栄養って何があるのでしょうか。 梅雨明けに向けて元気にいたいですよね。

毎日続けるのが大事!手軽に手に入るスーパーフード「カカオ」

近年、スーパーフードとして注目される「カカオ」。高カカオチョコレートなどコンビニでも手軽に手に入れることが出…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。