“飲む点滴”として話題になった「甘酒」

「甘酒」は、ヨーグルトや納豆、味噌などと同じように発酵を利用して作られた伝統的な日本の食品で、ビタミン類に必須アミノ酸といった人間に不可欠な物質を含んでいます。江戸時代には、滋養強壮の飲み物として庶民に親しまれていたそうです。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、オリゴ糖、食物繊維、システイン、アルギニン、グルタミン、ブドウ糖などが含まれており、これらの成分が点滴の成分と類似している事から“飲む点滴”と呼ばれているほど栄養が豊富なんです。

江戸時代は夏の風物詩だった?!

「甘酒」というと、どちらかと言えば“冬”に温めて飲むイメージがありますが、実は江戸時代には主に“夏”に飲まれていたもので、俳句でも甘酒は夏の季語なんだそうです。

栄養価の高い「甘酒」は、江戸時代から疲労回復や熱中症防止のための栄養ドリンクとして親しまれ、夏の風物詩の一つだったそうです。ブドウ糖で疲労回復、タンパク質が基礎体力や抵抗力を、ビタミン群が免疫力を高めてくれます。夏バテの予防だけでなく、夏バテで体調を崩してからでもオススメの飲み物なんです。

近年は美容効果が話題!ダイエットにも効果的!

近年は「甘酒」に美容効果があることが話題となりました。継続して飲むことで、皮膚の表面温度が上昇し、目の下のクマが改善したり、皮脂の抑制効果も確認でき、ニキビを減らすなどの美肌効果も期待できるそうです。

ブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸が多くふくまれていて、これが美肌を作り、血流をアップするといわれており、婦人科系のトラブル解消や疲労回復にも効果が期待できるとして注目されています。また、食物繊維やオリゴ糖など、腸内環境を整えて免疫力をアップさせる働きが期待できるんです。

「甘酒」には、脂肪や糖分をエネルギーに変換する働きを持っているパントテン酸やビタミンB2が含まれていて、余分な脂肪や糖が身体に溜め込まれるのを防いだり、すでにある脂肪の燃焼も助けてダイエットをサポートしてくれます。その消化酵素は栄養分を小さく切り分ける働きを担っているので、胃腸の負担を和らげて健康的な食生活も助けてくれます。食物繊維で便秘も解消、一石二鳥、三鳥のダイエット効果的なんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

肩こりになりやすい人とは

私も肩こりがすごいんです。

ししゃもも栄養効果とは?

オスもメスもおいしくいただけますが、とくにお腹にたくさんの卵が詰まった産卵期のメス、いわゆる「子持ちししゃも…

冷え性には「生姜」!その効果的な摂取法とは

「生姜」は、食べると体が温まると言われいますが、食べ方によっては逆効果になってしまうので注意が必要です!

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。