油断は禁物!「夏バテ」とは

体がだるい、食欲がないなど、「夏バテ」は夏の暑さにより様々な症状が現れます。はっきりした自覚症状がなく、自分では大丈夫だと思っていても、身体自体が疲れているので油断は禁物なんです。これから暑くなるにつれて、十分に注意しましょう。

「夏バテ」は、猛暑による体力低下・食欲不振などによる、夏痩せ症状が主でしたが、空調設備が普及した現代では気温と湿度の急激な変化によって自律神経のバランスが崩れて起こることも多くなっています。ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども原因となります。また「夏バテ」は夏のみの症状だと思われがちですが、最近では気候の変化が激しい梅雨や初夏にも起こりやすくなっています。

なお、このように辛い症状があるにも拘わらず、特定の病気とはされておらず、分類としては疲労などに分類されるようで、きちんとした予防と静養を意識していれば防げるものであるということになります。しかし、「夏バテ」は病気の入り口とも言われていますので、しっかり静養を摂りって、症状にもよっては、出来るだけ早く病院へ行くようにしましょう。

涼しいところにいることも要注意!

近年、空調設備の普及により、気温と湿度の急激な変化によって自律神経のバランスが崩れて起こることも多くなっています。人間の体温は自律神経の働きで36.5℃前後に保たれています。体温が上がると副交感神経が働き、汗を出して体温を下げ、逆に体が冷えてくると交感神経が体温を上げます。このため、外が暑いからといって冷房の効いた部屋に長時間いると、交感神経ばかりが働いて自律神経の正常な働きが狂ってしまうそうです。結果、体温調整がうまく出来なくなって、冷えた部屋から外に出ると激しい疲労に襲われることになってしまいます。顔だけ、または脇や背中だけ大汗をかくという人は特に注意が必要なようです。

予防法としては、生活と運動の両方から「夏バテ」を防止してゆくことが重要で、ウォーキングや縄跳びなど軽い運動で正しい汗のかき方を身体に思い出させたり、ふくらはぎなど下半身を鍛えることで血流を良くしてむくみを防ぐと良いそうです。

こまめな水分補給を心がけよう!

暑い夏は、とにかく汗をかきます。軽作業でも1日2~3リットルの汗をかくと言われていますので、汗の原料となる水をたくさん補給する必要があります。普段余り水を飲まない人も、なるべく気をつけて水分を補給するように心懸けましょう。水を飲まないと、血液がドロドロになって、むくみや鼻水、下痢などの症状が出てきます。

ところが、冷たい水を一気に飲むと、身体に吸収されにくく、胃腸が冷えてしまって消化能力が落ち、その結果「夏バテ」になってしまいます。

一番よいのは、温かい飲み物を少しずつ飲むことです。とはいえ、暑いのでどうしても冷たい水が飲みたくなると思います。その時は、口に少しだけ含んで口の中で水を少し温めてから飲むようにするなどの方法も良いそうです。

また、高齢者の場合は感覚が鈍くなっていて、脱水症状を感知しにくいので、定期的に水を飲む習慣をつけるようにしましょう。特に高血圧の治療などで利尿剤を飲んでいる場合は脱水症状にはくれぐれも注意して下さい。幼児の場合は、身体に保てる水分の量がとても少なく、また、尿の濃縮能力も未成熟で水分の排出量が高いので、早め早めに水分補給をさせることが必要です。

「夏バテ」にオススメ食材!

「夏バテ」を解消するには、体力を回復することが重要です。そのために、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン・ミネラルをバランスよくとることが大切です。特に、体を作る上で大事な栄養素の一つであるタンパク質や、疲労回復に有効とされるクエン酸、ビタミンB1を含んだ食べ物を多くとることで、夏バテ回復が見込めます。

まずは「豚肉」です。肉類の中でもタンパク質、ビタミンB1が豊富と言われ、豚ヒレ肉の場合、100gあたりにビタミンB₁が0.98mgも含まれています。これは牛もも肉や鶏ささみの10倍の数値です。脂肪の多い豚バラ肉の場合はビタミンB1の含有量が減ってしまうので、赤身の多いモモ肉や、ヒレ肉を選ぶとよいでしょう。

また、酸っぱい果物にはクエン酸が比較的豊富です。酸味や爽やかな風味から、食欲がない方にもおすすめの食材です。

夏と言えば、ビールのおつまみに「枝豆」は欠かせませんが、枝豆は豆のたんぱく質に加え、カルシウムや鉄などのビタミン・ミネラルが含まれた優れものと言えます。冷凍の枝豆であれば、調理も手軽なので、献立のもう一品として加えてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏バテに負けない体づくり

まだまだ暑い日は続きそうですよね。栄養補給や、入浴、適度な運動で夏バテにならないよう元気に夏を乗り越えたいで…

生存率約0.00007%を約90%に!独自のカプセル技術でビフィズス菌を生きたまま腸…

ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液の中に入れ、生存率を算出したところ生存率は0.00007%以下とほとん…

コーヒーには色々知らない素晴らしい効果があるらしいですよ。

約1200年、アフリカのエチオピアでヤギ飼いの少年によって発見されたのがコーヒーの起源だと言われています。 …

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。