ライフスタイルによって変わるコンタクトレンズの種類

コンタクトの種類は主にハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。

ハードレンズは、涙の交換を妨げず、素材の酸素透過性も高いため、角膜に酸素が行き届き易い構造をしています。 乾燥にも強く、目に対する負担が少ないのが特徴です。 また、もし角膜に傷や炎症が起こった場合に自覚症状が出やすいため、目の異常を早期発見できます。 

見え方に関しても、近視などの屈折異常の矯正効果に優れています。ほかにも、メガネやソフトレンズでは矯正できない、不正乱視や円錐角膜(角膜の中央が突出してくる症状)の場合でも矯正できます。 しかし、レンズが硬いことで異物感を感じ易く、慣れるまでに時間がかかります。 またレンズが小さいことで、激しい運動やスポーツでは外れやすいことがあります。

ソフトレンズは柔らかい素材で違和感無く装用できるため、初めての方でも装用し易いコンタクトです。 角膜をすっぽり覆っているため瞳にフィットした安定感があり、ハードなスポーツでも外れにくいことが特徴です。 しかし、角膜よりもサイズが大きいためレンズの動きが少なく、涙の交換率や酸素透過性がハードレンズよりも低いため、角膜の酸素不足を引きおこすおそれがあります。

コンタクトが初めての方や、スポーツをする方は、違和感が少なく外れにくいソフトレンズが向いているでしょう。 乱視が強い方や、炎症を起こしやすい方、涙液が少ない方はハードレンズが向いているでしょう。

自分にあったコンタクトレンズをタイプ別でチェック

コンタクトレンズには、ハードレンズ、ソフトレンズ、それぞれにさまざまな用途やタイプがあります。

【装用式による分類】

<終日装用タイプ>
終日装用は、朝はめて夜はずすサイクルで使用する装用方法です。 涙液量やアレルギー体質など個人差によって終日装用タイプを使用できない方もいるので、購入の際は必ず眼科医の検査を受けましょう。

<連続装用タイプ>
連続装用は就寝時もコンタクトをはめことが可能なコンタクトです。 仕事上装用時間が長くなってしまう方や、夜勤務で朝帰りの多いという方は安心できるでしょう。しかし、涙液量やアレルギー体質など個人差によって連続装用タイプを使用できない方もいるので、購入の際は必ず眼科医の検査を受けましょう。

【使用期間による分類】

<1日使い捨てのワンデータイプ>
1日のみ使用でき、はずしたら捨てる使い捨てタイプです。ケアの必要が無く、毎回が衛生的なので安心して使用できます。お手入れに自信のない方やコンタクトの使用頻度の少ない方、レンズが汚れやすい方にはワンデータイプがおすすめです。

<2ウィークや1ヵ月タイプの定期交換タイプ>
ケアが必要ですが、決められた期間内であれば毎日使用が可能です。 レンズの使用が定期交換なのでコストが抑えられます。毎日のお手入れに自信のある方や毎日コンタクトを使用する方は、定期交換タイプがおすすめです。

ケアの方法もそれぞれ違います

コンタクトレンズのケアは、種類によって異なります。ケアの方法や注意点を知っておきましょう。

【ソフトコンタクトレンズ】

・ワンデータイプ

お手入れが不要なワンデータイプですが、「レンズが汚れていないから再利用しても大丈夫だろう」などと考えるのは非常に危険です。たとえ短時間であっても、一度装用したレンズは必ず処分し、毎回新しいものを装用する必要があります。

・2week、1か月での交換タイプ

定期でレンズを交換するタイプでは、毎日のレンズケアが必須です。どんなに忙しいときや疲れている場合でも、レンズケアをしっかり行いましょう。洗浄・すすぎ・保存が1本でできるMPSタイプの洗浄液を使用すれば、数分でレンズケアができるためおすすめです。

【ハードコンタクトレンズ】

ハードコンタクトレンズの場合、数年間の長期間の装用を前提として作られています。毎日のレンズケアはもちろん、ケアを行う際にレンズに傷がつかないよう、優しく扱うことを心掛けましょう。
ハードレンズの洗浄液には、こすり洗いタイプとつけ置きタイプの2種類があります。汚れをしっかりと落とすためには、こすり洗いタイプの使用がおすすめです。タンパク質汚れを除去する洗浄液なども発売されているため、併用してもよいでしょう。

カラコンとサークルレンズも使い分けると◎

カラコンとサークルレンズは、似ているように見えて違いがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

・カラコン

レンズに着色が施されており、装用することで瞳の色を変えることができます。カラーは豊富で、グリーンやブルーなどの個性的なタイプもあります。元の黒目とは違う色で印象を変えたい、ファッションやメイクに合わせて瞳の色もチェンジしたいという人におすすめです。

・サークルレンズ

瞳の輪郭に沿ったデザインで、瞳の色自体を変えるのではなく、元の黒目を強調させることを目的としたレンズです。そのため、ブラウン系や黒など、シンプルなカラーが中心です。元の瞳を活かしつつ、目元を印象づけたい人におすすめです。

関連するまとめ

愛知県の地ビール「Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)」

クラフトビールを初めて飲んだときに感じた いままでに飲んだことのないビールの味への驚きと感動、 飲みすすめる…

就寝前の空腹はこれで乗り越えよう

ダイエット中の「夜寝る前の食欲」を抑える方法をまとめました。

意外と知らないバドミントンの歴史

1893年にはイギリスでバドミントン協会が発足し、ルールの統一が進んでいきました。