記憶の低下を防ぐ

歩くことで脳由来神経栄養因子(BDNF)というタンパク質の一種が放出されます。BNDFは脳の栄養ともいわれるもので、新しい神経細胞の発生や成長を促し、記憶の低下や認知症を予防してくれます

骨を強くすることができる

自転車をこいだり、泳いだりするのと違い、歩くことは負荷がかかる運動です。この軽い負荷が骨の強化につながり、骨粗しょう症や骨折から守ってくれます

脂肪の蓄積を防いでくれる

ウォーキングをすると、筋肉に脂肪を燃焼させるイリシンというホルモンを放出させます。科学者によると、これがエネルギーをためこむのではなく、燃やすよう脂肪細胞のプログラムを書き換えるのを促してくれるそう。それで代謝がアップし、カロリー燃焼の少ない白色脂肪細胞を、カロリー燃焼しやすい褐色脂肪細胞へと変えてくれます。こういった効果で、体重を減らしやすくなります

若々しい見た目になり、多くの病気の予防につながる

運動は汗をかくだけでなく、肌のなめらかさや弾力をキープするために役立つタンパク質、コラーゲンの生成を助けてくれるため、肌を若々しく見せてくれます。

外を歩くことで、素肌が日光にさらされ、これがビタミンDの生成につながります。ビタミンD不足はアルツハイマー病、心臓病、くる病や前立腺がんなどのリスク上昇につながってしまいます。だから、毎日外を歩くことは健康を守るためのとてもよい方法なのです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

マラソンの効果的なトレーニング方法

今まであまり走ったことがない、あるいは体力に自信がなくて走るとすぐ息切れをするといった初級者がいきなり無理な…

ウィンタースポーツの季節到来!子供と雪山を楽しもう!!

子供と行く初めての雪山は、親にとっても楽しみですよね。最近では子供と一緒に行けるスキー場も多くなり、小さな子…

子供にやらせておきたいスポーツ『水泳』その理由は?

お稽古ランキングの常に上位にある『水泳』 泳げた方が良いという理由だけじゃなかった! これからでも水泳をやら…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square