目の健康に

チンゲン菜に含まれる栄養の代表格といえば、β-カロテン。
チンゲン菜などに含まれているβ-カロテンは、体内で必要な量がビタミンAに変化する栄養素で、様々な効能が期待できます。
なかでもビタミンAの視力維持の効能は注目されており、いわゆる「鳥目」の予防に効果的です。
夜目が利かない人やドライアイに悩まされている人、仕事で目を酷使する人にはおすすめの栄養です。
β-カロテンは、モロヘイヤや人参、ほうれん草などに含まれています。近年はスマホを長時間使用する人達が増えているので、日常的に摂取するように心掛けましょう。
また、皮膚や粘膜を健康に保つ効能も持ち合わせていますので、肌荒れや風邪の予防にも効果的な栄養です。

骨にも

チンゲン菜には多くのカルシウムが含まれています。カルシウムが不足すると、骨がもろくスカスカの状態になってしまい、骨粗しょう症という病気を引き起こしてしまいます。骨粗しょう症は、骨折などを繰り返して起き上がることが困難になり、そのまま寝たきり状態になってしまう事が多い、怖い病気です。
そのため、日頃からカルシウムを摂取し、丈夫な骨を維持していくことが重要と言えます。
また、チンゲン菜に含まれるビタミンKには、骨にカルシウムを定着させる働きや、骨の形成を促す効果があり、骨粗しょう症の治療薬にも使われることがあります。
この、ビタミンKとカルシウムを同時に摂取できるチンゲン菜は、骨粗しょう症の予防に大きな期待ができるそうです。

抗酸化作用

チンゲン菜はβ-カロテンを筆頭に、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用を持つ成分を含んでいます。抗酸化作用酵素(SODなど)の材料となるミネラル類も含まれていますから、活性酸素の増加を抑制し酸化ダメージを防ぐ働きが期待できます。またコレステロールが酸化して出来る過酸化脂質が血管に蓄積し、血管を狭める・脆くすることで発症リスクが高まる動脈硬化の予防にも繋がると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

塩分や脂身が多く、カロリーが高いイメージのベーコン。ダイエット中には控えましょう

ハムやウィンナソーセージなど日持ちのよい加工肉は、冷蔵庫の定番になっている家庭も多いはず。

山菜の良いところは、栽培されたものではなく、自然に生息しているものだということ。

ミズには多くのビタミンが含まれていて、特にビタミンCは、他の野菜に比べても特に豊富に含まれています。ガン予防…

アンチエイジングやダイエットに!栄養豊富な秋の味覚「栗」

秋の味覚の定番のひとつといえば「栗」。茹でたり、焼いたり、ご飯などに入れたりなど、秋の食卓に大活躍ですが、意…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

JUN

今年も東京マラソンでます!