一日一杯の「味噌汁」で医者いらず!

「味噌の医者殺し」という諺もあるほど、味噌は栄養が豊富で、バランスも良い優れた食材です。味噌には病気を防ぎ、健康を維持する優れた効果もあるんです。

「味噌汁」に使うお味噌は、大豆を発酵させて作っていますので、 アミノ酸やビタミン類が多量に生成され、栄養価がとても高いです。アミノ酸の中には、 人間に必要不可欠な必須アミノ酸、8種類がすべて含まれています。ビタミンに類では、ビタミンB郡の葉酸、パントテン酸、ピオチンといった、脂肪、タンパク質、炭水化物を エネルギーに変える栄養素が含まれています。

また、味噌には、大豆イソフラボンやサポニンなどの“第7の栄養素”とも言われ、様々な病気を予防する効果が期待されている、フィトケミカルも含まれているのも特徴です。さらに味噌には、ミネラル、糖質、脂質、食物繊維などなど、栄養の種類も豊富ですので、とても栄養価が高いと言えますね。

味噌の元である大豆には、7つの有効成分が含まれていて、血中コレステロールの上昇を抑え、高血圧を予防・改善する効果も期待できます。さらに、抗酸化作用や、血管を 拡張させる働きがあることもわかっています。

味噌料理の中でも「味噌汁」が一番!

味噌を使った料理の中でも、「味噌汁」がおススメの理由としては、温かい汁物を摂ることで、内臓が温まり消化・吸収をよくすることや、加熱した野菜を具材にすれば、お味噌汁1杯でたくさんの野菜を摂ることができること、汁ごと摂るので、汁に溶け出した栄養素も摂取できることなどです。

塩分が心配?いっぱいあたりの塩分量は、、、

ところで心配されるのは「味噌汁」に塩分ではないでしょうか?ところが、実際のところ、味噌汁に含まれる塩分は、味噌1杯(約150ml)で約1.5g。これはカップのインスタントラーメンに含まれる塩分5.5gと比べると、かなり低いものなんです。

とはいえ、気になる方はもちろん減塩すると良いでしょう。最近は牛乳などを入れて減塩効果を引き出す“乳和食”も話題になっていますよね。ぜひ、一日一杯の味噌汁を取り入れてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

冬はやっぱり鍋料理!「トマト鍋」は栄養も凄い!

寒くなってくると食べたくなるものと言えば「鍋」ですね。野菜たっぷり、おいしくて、体も温まってヘルシーですが、…

野菜の王様、モロヘイヤ

モロヘイヤは、シマツナソとも呼ばれ、アラビア語で「野菜の王様」と言う意味です。

コリコリして美味しい。つぶ貝を食べよう。

ツブ(螺)はつぶ貝とも呼ばれる巻貝です。バイ貝もツブとして呼ばれることもあります。 特定の貝を指しているので…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。