秋に太りやすくなる原因とは、、、

日照時間の減少の影響

夏が終わると、秋は日が短くなり、日照時間が減ります。これにより、日のあたる時間が短くなると、幸せホルモンと呼ばれる“セロトニン”という脳内の神経伝達物質の分泌が減少するそうです。このセロトニンが、食欲にも深く関わっているんです。

セロトニン不足に陥ると、気持ちが安定せず、脳がすぐに満足感を得られるものを求める傾向にあります。手っ取り早く、脳に満足感を得られるものというのが、甘いものなど美味しい食べ物になり、食がすすんでしまうと考えられています。

夏バテから回復するため、、、

猛暑による夏バテ気味だった方、多いのではないでしょうか?暑さが引いてくると、夏バテから解放されます。このため、夏バテで落ちた体力や栄養を回復するために、身体が食べ物を欲するようです。ここで、いきなり食べる量が増えると、その余った栄養素を脂肪として蓄えてしまうので、体重が増えてしまうようです。

秋の食材は太りやすい?

秋には、美味しいものがたくさんあります。秋刀魚、さつまいも、栗、かぼちゃ、柿など盛りだくさんですね。でも実は、秋が旬の食材は、カロリーや糖質が高いものが多いんです。人間も動物の本能があり、冬に備えるよう栄養を貯めこむ習性も合わせているので、これらの食材を食べ過ぎれば当然太ってしまうんです。

「秋太り」を防ぐには、、、

早寝早起きを心がける!

幸せホルモンと言われる“セロトニン”が、食欲と大きな関わりがあるので、その食欲や感情を調整するために、早起きに努め、日に当たる時間意識的にを増やしましょう!

その為には、早寝をして、質の良い睡眠を摂る必要があります。質の良い睡眠を行う為のコツとしては“就寝3時間前には夕食を済ませる”“夕食にたんぱく質を摂る”“入浴し、その2時間以内に寝る”“自分に合った寝具を選ぶ”と質の良い睡眠を得られるといわれています。

良い睡眠には、早起きが出来るという利点以外にも、ダイエット効果があるとされています。寝ている間に成長ホルモンが分泌されるからで、成長ホルモンは脂肪燃焼を促したり、筋肉を成長させる働きがあります。つまり、質の良い睡眠を取り早起きをすることで、食欲を安定させつつ、体型維持が効率よく行えます。

太りやすいことを意識して、食事をする!

秋は太りやすいということを踏まえて、食生活をしっかりと見直しましょう。まずは、夏の暑さにより習慣化された、冷たいものを控えましょう。冷たいドリンク類は無糖の温かいドリンクに、冷たいそうめんなどの麺類は温かいバランスの良い定食などにシフトすると良いでしょう。夏の間に食べた冷たいものや、冷房によって蓄積された冷えを、夏の終わりのこの時期に解消することが重要です。

また、秋に旬をむかえる“きのこ類”は、取り入れることでダイエットのサポートにもなります。きのこは、低カロリーで食物繊維が豊富な上、含まれる成分「キノコキトサン」は、脂質の吸収を抑え、すでに体内に蓄積した脂肪を分解し排出する効果もあるんです。

秋こそ、スポーツをしよう!

夏場は暑くて運動どころではありませんでした。しかし、秋になると気温が下がり、このため体温を維持するために基礎代謝がアップする時期なんです。しかも、気温や湿度が下がるため、スポーツをするにも良い季節です!

運動というのは、キツい運動をする必要はなく、ウォーキングや散歩でも十分です。毎日少しづつ歩く量を増やしたり、階段を使ったりと、身体を動かす機会を増やしましょう。そうすることで、高まった基礎代謝と消費カロリーが合わさり、ダイエットの効果が出やすくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

休肝日はやはり必要なのか?

お酒を飲む人全てに休肝日は必要なの?

昔から身近なきのこ類として親しまれてきたシイタケの働きとは?

免疫細胞の7割は腸で作られると言われています。腸内細菌である善玉菌には免役細胞をより活性化する働きがあります…

モロヘイヤの力

ほうれん草の様な見た目なのに、オクラみたいにネバネバした食感を持つ、ちょっと不思議な野菜「モロヘイヤ」。 …

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。