玄米の健康力

1.食物繊維の不足を補える
玄米は白米の約5倍の食物繊維を含んでいます。現代の日本人は食物繊維が1日約5g不足していますが、1日3回のごはんを白米から玄米に変えるだけで、この5gの不足を補うことができる。

2.野菜不足を補える、ビタミン・ミネラルを補える
現代の日本人は、美容・健康に必要な栄養素であるビタミンやミネラルが不足気味。玄米には、ビタミンE、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、カリウム、マンガン、亜鉛などの野菜にも多いビタミン・ミネラルが含まれます。
玄米に白米から変えるだけで、不足しがちなこれらの栄養素を補うことができます。

3.体重管理に役立つ
琉球大学医学部と豊見城中央病院が、成人男性30人を対象に玄米食を2ヶ月間摂取する試験を行い、玄米食が体重管理に役立ったというデータを発表しています。
さらに琉球大学医学部の研究によると、玄米に含まれる成分をとると、脂肪の多い食事を好まなくなる可能性があるそうです。

4.糖分が気になる方の健康に役立つ
玄米は白米よりも糖の吸収が穏やかです。糖の吸収しやすさを示すGI値(グリセミック指数)は、白米82.5に対して、玄米は58.7です。
また、白米食をしたグループと玄米食をしたグループを比較すると、玄米食をしたグループのほうが、健康状態がよいというデータも発表されています。

5.脂肪が気になる方の健康に役立つ
脂肪が気になる男性30人が2ヵ月間玄米食を続けた結果、玄米食が健康に役立つというデータを、琉球大学医学部が発表しています。

6.世界の研究者、医師も注目する健康成分を含む
最近では、日本だけでなくアメリカ等の大学でも、玄米の健康成分[フェルラ酸、IP6(フィチン酸)、GABAなど]が研究され、研究結果は多くの学術論文としても発表されています。

7.美容に役立つ成分を含む
美容に役立つビタミンB6、ビタミンE、フェルラ酸などの成分が、玄米には含まれています。モデルなど美容に気をつけている方々は、白米などの精白した穀物を食べず、玄米などの未精白穀物を常食している方も多いようです。

玄米と白米の栄養比較

玄米に含まれている栄養素の多くは、精米するときに削ぎ落とされてしまいます。
玄米ごはんは、白米ごはんと比べると食物繊維は5倍、ビタミンB1は8倍、ビタミンB6は10.5倍、ナイアシンは14.5倍も含まれています。

現代人に不足しがちなビタミン・ミネラルを補うことができる、まさにスーパーフードです。

玄米から胚芽・表皮を削ったものが白米

玄米は、胚芽や表皮が残っている状態の米です。胚芽や表皮を削って精米したのが白米。玄米の胚芽や表皮には、ビタミン、ミネラル、たんぱく質など人間に必要な40種類以上の栄養素をはじめ、食物繊維、ポリフェノールなどのさまざまな健康成分が含まれています。

■玄米に含まれる主な栄養素・健康成分
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレン、たんぱく質、食物繊維、イノシトール、IP6(フィチン酸)、フェルラ酸、γーアミノ酪酸(GABA「ギャバ」)、アラビノキシラン など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

赤ワインは健康的で奥が深い。なぜ赤ワインばかりに注目がいくのか!?

ワインに含まれているポリフェノールを摂ることで、動脈硬化やガンの原因となる悪玉 活性酸素を消滅させてくれる働…

ベジファーストの効果が凄い

健康第1。メタボ予防はまず食事バランスから。

一度は経験したことが多い寒風摩擦。効果を覚えるとまたやりたくなりますよ。

乾布摩擦というと、冬に寒空の中お爺ちゃんが庭に出て上半身裸になり、タオルでゴシゴシ背中をこする・・・といった…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。