夏場になると、貧血の症状が増える!

疲労感や目まい、この時期だと夏バテかと思われがちな症状ですが、実は鉄分の不足による「貧血」かもしれません。最近は健康検査で見つけにくい「隠れ鉄分不足」が問題になっているそうです。夏は汗をかいて鉄分を排出しやすいので、効果的な摂取法を知りましょう。

暑い季節は体内の鉄分が汗で流れ出てしまう上に、食欲不振などにより口当たりの良い淡泊な食事を選ぶことも多く、鉄分不足になりやすいんです。このため、夏は立ちくらみやめまいに悩む人が増加するそうです。

鉄分が減ると、全身に酸素を運ぶ役割を担うヘモグロビンを十分に作れなくなり、酸素不足が起き、だるさや動悸(どうき)、息切れを招きます。貧血で最も多い「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。

食事で「鉄分」をしっかり摂取しよう!

鉄欠乏を防ぐには、食事で鉄分を取ることが大事です。鉄分を多く含む食品の代表は肉や魚の赤身、シジミやアサリがあげられます。これらの動物性食品は体内に吸収されやすい「ヘム鉄」を含みます。豆類やホウレンソウ、小松菜といった植物性食品に多い「非ヘム鉄」はヘム鉄より吸収率が低いですがビタミンCや酢、動物性たんぱく質と一緒に取ると、吸収率が高まります。

食事から摂ることが難しい場合は、食べやすい形や素材を工夫して、鉄を摂ることが大切で、飲みやすく栄養豊富なゼリー飲料などもオススメです。租借しながら飲むと、唾液と混ざり、より吸収しやすくなって素早く栄養を摂取することができます。女性に多い胃腸が弱い人たちにとっても消化のいいものなので安心です。

十分な睡眠を心がけよう!

食事以外の対策としては、鉄分を摂取してから血液が作られるための睡眠時間を十分にとることが大事です。よい睡眠が取りにくくなる夏は、ちょっとした時間の仮眠などで補うのも良いそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春の不調をスパイスで撃退!「スパイス白湯」

春の不調に悩まれている方々に「スパイス白湯」が話題になっています。

あのきゅうりのような見た目のズッキーニ。どんな効果があるのでしょうか。

私達日本人にはまだあまりなじみ深い野菜とは言えないズッキーニですが、南フランスの郷土料理「ラタトゥイユ」には…

「心臓の湯」炭酸泉入ってみませんか?

しゅわしゅわ気持ちいい炭酸泉の効果をご紹介します。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。