集中力アップ

コーヒーに含まれるカフェインには脳を覚醒させる効能があります。
神経を鎮める作用を持つアデノシンという物質を抑制することで、眠気がおさまったり、集中力が高まったり、気分が高揚したりするのです。
コーヒーに含まれるカフェインがアデノシンの働きを抑えることで、やる気の源となるドーパミンが放出されるという効果もあります。

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインには、新陳代謝を高めて脂肪の燃焼を助ける効能もあるそうです。
コーヒーを飲んでから1時間ほど経つと体内で脂肪の分解が進み、分解した“かけら”が遊離脂肪酸となって血液中に放出。
この遊離脂肪酸を運動などで消費してしまえば、体脂肪の燃焼につながるのです。コーヒー摂取後に適度な運動をすれば、脂肪燃焼効果がアップします。

細胞の生まれ変わりを助けてくれる

コーヒーにはリボフラビンという物質が含まれています。リボフラビンには、カラダをつくる細胞の生まれ変わりを助ける効能があります。
コーヒーのほか、レバー、牛乳、納豆などにも多く含まれるリボフラビンは、酵素とともに体内で過酸化脂質を分解してくれるため、老化や動脈硬化の抑制に効果があるとされています。
過酸化脂質の生成にストップをかけてくれるビタミンE(いくら、イワシ、たらこ、モロヘイヤなどに多く含まれます)と一緒に摂取するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

グレープフルーツの力

柑橘系の果物なのになぜ「グレープ」という名前なのかというと、ぶどうの房ように1本の枝にたくさんの実を付けるか…

停滞期を受け入れてリバウンド防止に

食べる量を減らしたり、運動量を増やして、摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすと、はじめは体重は減ります…

秋の花粉症に気をつけよう

夏の厳しい暑さもやわらぎ、朝晩も涼しく感じながら、秋の気配を感じる季節。 くしゃみや鼻水、鼻づまり、喉の痛み…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

今年も東京マラソンでます!