ホエイとカゼインの関係

ホエイ(乳清)とは、牛乳から脂肪と固形のタンパク質を取り除いた後に残る液体部分のことを指します。ホエイを作る時に取り除いた固形のタンパク質は、実はカゼインです。そうなのです。ホエイもカゼインも牛乳と非常に深い関係があるのです。

ホエイの効果

タンパク質はアミノ酸が合成されることで生まれるのですが、人の体に必要なタンパク質を合成させるのに必要なアミノ酸は、全部で20種類あります。
そのうち11種類は人が自力で生み出すことができるアミノ酸ですが、残りはどうやっても作ることができません。
ではどうやってそのアミノ酸を手に入れるのかと言えば「食べる」しかなく、しかし必ず必要なので「必須アミノ酸」と呼ばれています。
必須アミノ酸は私達の筋肉を作り上げる上で欠かすことができない物質群ですから、ぜひ積極的に摂っておきたいところです。
特に、ホエイには他のタンパク質と比べるとはるかに多くの必須アミノ酸であるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)が含まれています。BCAAは運動をするときに必要なエネルギーを生みだす源になるだけではなく、運動によって疲れてしまった筋肉の疲労を回復に導く効果も期待できます。

カゼインの効果

カゼインとはカルシウムを大量に含んだタンパク質です。カゼインには腸が収縮と弛緩を繰り返して腸の内容物を外に排出する「ぜん動運動」を抑制する効果があります。「ぜん動運動が抑制される」というと何だか便秘になってしまいそうなイメージがありますが、ぜん動運動が抑制されることで食べ物が腸の中にいる時間が長くなるので、その分だけ栄養素の吸収が高まる可能性が期待できます。
ここまで見てきたように、ホエイにはホエイの、カゼインにはカゼインの長所があります。それでは、これらのタンパク質を混ぜて摂るとどのような効果が期待できるのでしょうか?

ホエイとカゼインの組み合わせは最強

カゼインは体への吸収スピードが遅いという特徴があります。「スピードが遅い」というとデメリットのように感じるかもしれませんが、ホエイと一緒に摂取することで、カゼインが体への吸収スピードが遅いという現象がメリットに変化します。
ホエイはカゼインに比べると体への吸収スピードが速く、約2時間で体へと吸収されていきます。即効性を求めるのであればホエイだけでも構いませんが、時間をかけて体にタンパク質を補給したいと思うとホエイだけでは足りないのです。
そこでホエイとは逆の特性を持つ、時間をかけて吸収されるというのがカゼインになります。カゼインが体に吸収されるスピードは約7~8時間と、ホエイに対して3倍ほど時間がかかるのです。
つまり、トレーニングを終えた後に少しでも早く栄養補給をしつつ、体の中で時間をかけてタンパク質をじっくりと吸収させていくには、ホエイとカゼインを混ぜるというスタイルが非常に効率よく、効果的なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2019年の土用の丑の日は7月27日ですよ!そして鰻の効果とは。

スタミナ食材の代表格で、土用の丑の日にも欠かせない鰻(ウナギ)。濃厚な蒲焼も美味しいですが、塩やわさび醤油な…

最近よく耳にするEAAって何?まずは成分と摂取のタイミングについてご紹介!

EAAは摂取するタイミングによって期待される役割が異なります。 今回はEAAの摂取に適切なタイミングについ…

暗闇 × Surf Fit 新たに暗闇エクササイズ専門スタジオが加わり渋谷店が増床リ…

株式会社LIFE CREATEの運営する、「Surf Fit Studio(サーフ・フィット・スタジオ)渋谷…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。