オフサイドディレイとは

「ディレイ」は日本語で「遅らせる」という意味を持ちますが、オフサイドディレイとは、オフサイドの際、旗を挙げるタイミングを副審が遅らせると言う事です。

これはオフサイドなのかどうか、はっきりしない場面を一旦プレーを継続させる事で、判定ミスによる得点機会をなくす事が目的です。

しかし、明らかにオフサイドの場面では、オフサイドディレイを取らず、すぐに旗を挙げたりもします。これはオフサイドディレイが、VARの導入と深く関わっているためです。

なぜ遅らせるのか

オフサイドディレイを行うのは、得点機会を判定ミスで潰してしまわないようにする為です。

オフサイドではないのに旗が挙がってしまった場合、それを見た選手はプレーを止めてしまいますし、主審も副審の方がオフサイドラインは見えているので、副審の判定を尊重してプレーを止めます。

しかし、後でVARやビデオで確認したらオフサイドではなかったとなると大惨事です。そのため、際どい場面の場合、一旦プレーを継続させ、その攻撃が終わるまで待ちます。

プレーを継続させてもVARで正しく判定すれば、誤審が生まれず、両チームに公平なジャッジを下す事ができます。オフサイドディレイには賛否両論がありますが、オフサイドは一瞬の出来事なので、人間の目では判断しにくい場面が多々あります。

関連するまとめ

ヤングなでしこ、連覇逃す!サッカーU-20女子W杯

ヤングなでしこの愛称で知られるU-20女子日本代表

大雨の中、手痛い逆転負け!J1第31節 vs ジュビロ磐田

J1第31節、天皇杯の準々決勝でも激突したジュビロ磐田との対戦。先制点を奪ったものの、手痛い逆転負けとなりま…

ヤマハスタジアム

ヤマハスタジアム(Yamaha Stadium)は、静岡県磐田市にあるサッカーやラグビーに使用される球技専用…