クラブワールドカップが「32」クラブ開催に大幅拡大?!

FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長が、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)の出場枠を「7」から「32」クラブに増やす考えを明かしたと、スペイン紙『アス』が18日に伝えた。2019年からの開催を目指してることも明かしており、大会期間は「3週間」を見込んでいるという。

現在のクラブW杯は、6つの大陸連盟の代表クラブと開催国の国内リーグ優勝クラブの計7クラブが、世界王者の座を懸けて戦う方式。2016年の大会は12月8日から18日にかけて日本で開催される。

世界の変化とともに、ワールドカップも変わる?

インファンティーノ会長は、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』に対し、「近年のフットボールはヨーロッパや南米だけではない。世界は変化している。だからこそ、世界中のクラブやファンにとって、より面白いクラブW杯を開催しなければならない。現行のものより魅力的なトーナメントを作り、クラブ数を増やして、クオリティも上げていきたい。そうすれば、世界中のスポンサーやテレビ会社も引き込めるだろう」とコメント。
また、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対しては、現在の大会が「厳しいスケジュールの中、複雑な形式で行われており、盛り上がりを欠いている」と話し、「世界最高の32クラブで、6月10日から30日に」開催することを提案しているという。

なお、2月にFIFA会長に就任したインファンティーノ氏はワールドカップ出場国数を現行の「32」から「48」へと増やす提案などもしている。

関連するまとめ

大雨の中、手痛い逆転負け!J1第31節 vs ジュビロ磐田

J1第31節、天皇杯の準々決勝でも激突したジュビロ磐田との対戦。先制点を奪ったものの、手痛い逆転負けとなりま…

エース不在も、エスパルスに3発快勝!J1第13節 vs 清水エスパルス

J1第13節、清水エスパルスとの対戦。エースの斎藤学不在も3-1で快勝です。

最年少出場記録更新!元バルサ久保、Jリーグデビュー!

FC東京U-23の久保建英選手がJ3のAC長野パルセイロ戦でJリーグ最年少記録を12年ぶりに更新!

関連するキーワード