はじめに

捻挫と言うと足首を捻ったり、挫いたりする事を字からもわかるように捻挫と言いますね。スポーツ選手にでも起きやすいですし、日常生活でも階段から足を踏み外して捻ってしまったなどので捻挫になる事もあります。
捻挫によっては治りまでに長引いたりする事もありますね。
今回は捻挫について少しですが紹介したいと思います。
また、捻挫してしまった時の対処法も紹介したいと思います。

捻挫

捻挫(ねんざ)とは、不自然な形にひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすと、その部分が腫れてきます。体の、どこの関節にも起こる可能性がありますが、足首や指などに多くみられ、突き指も捻挫(ねんざ)の一種です。スポーツのほか、転んだり、高齢者が階段を踏み外したりして起こるケースも多くあります。こうした炎症、傷などの刺激によって発痛物質というものが作られ、痛みが起こります。

応急処置

捻挫(ねんざ)を起こした直後は下記のケアが基本といわれています。起こったときに慌てないよう、覚えておくと便利です。
R=REST(安静)
痛む場所を動かさず、なるべく安静に過ごしましょう。弾性包帯やテープなどで患部を固定することもあります。
I=ICE(冷やす)
氷や冷水、冷感シップなどで患部を冷やします。ただし、氷などを直接、長い時間皮膚にあてたままにしておくと、しもやけになることがあるため、必ずビニール袋などに入れた上からタオルや布などでくるんであてましょう。
C=COMPRESSION(圧迫)
腫れがひどい場合は、内出血が多いことが考えられるため、抑えるために包帯などで軽く圧迫します。ただし、長時間強く圧迫しすぎると血液循環が悪くなってしまうため、あまり強く圧迫しすぎず、数時間ごとに巻き替えましょう。
E=ELEVATION(挙上)
腫れや内出血、うっ血などを防ぐために、患部を心臓より高い位置に挙げておきます。足の場合は横になってクッションなどに足を乗せておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

去年の2018年2月にどんなスポーツイベントあったか覚えていますか?

ちょうど1年前〜 虎舞竜のロードの歌詞ではないですが。1年前の2月に大きなスポーツイベントあったの覚えていま…

大きなケガの1つの靭帯損傷。靭帯損傷とはどんなケガなのか?

膝関節は、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4本と2種類の軟骨(骨の表面のツルツルした硝子…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。