「脂肪肝」の原因

「脂肪肝」は、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。食事で摂った脂質は、小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解され、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化します。摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、脂質や糖質を摂り過ぎていてさらに運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられてしまいます。

また、お酒の飲み過ぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。これは、アルコールが分解する時、中性脂肪が合成されやすくなるからです。また肥満になると、肝臓での脂肪酸の燃焼が悪くなるので、やはり肝臓に中性脂肪がたまります。さらに、極端な食事制限など無理なダイエットをした人も「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる脂肪肝になることがあるので注意が必要です。

「脂肪肝」は、従来、肝臓に中性脂肪が蓄積するだけで心配のない病気と考えられていましたが、NASHへの進行のほか、狭心症や心筋梗塞など心疾患の合併率が高く、生活習慣病の温床となることがわかってきました。

脂肪肝には痛みなどの自覚症状がありませんが、血液がドロドロの状態になり血流が悪くなるため、全身の細胞に酸素と栄養分が補給されなくなり、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするといった症状が出ることもあります。

飲みすぎだけじゃない!日本人は食べ過ぎによる「脂肪肝」が多い!

お酒の飲み過ぎが肝臓に悪いことは一般的に知られていることですが、実は日本人の脂肪肝の原因として多いのは、飲み過ぎではなく、食べ過ぎによるものなんだそうです。非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼ばれるものです。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)には、症状が軽く改善しやすい単純性脂肪肝(NAFL)と重症タイプの非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の2種類があります。NASHは放置すると肝硬変、肝細胞がんへと進行することが知られています。また、NAFLもNASHに進行することがあります。脂肪肝の人が全員、重症化するわけではありませんが、早期に発見して、原因となる生活習慣や肥満を改善し、経過観察をすることが重要と言えます。

肝機能回復のために、生活習慣を改善しよう!

「脂肪肝」の原因が生活習慣であれば、生活習慣を改善すれば治ります。食事療法、運動、禁酒を行い、体重を2kg減らしただけで、肝臓にたまった中性脂肪が減り、肝機能が回復するそうです。

内臓脂肪や皮下脂肪と違って、肝臓についた脂肪はとれやすいのですが、一方で脂肪は肝臓からつくという特徴があります。一時的に脂肪が減っても、生活習慣が元に戻れば再発します。再発した脂肪肝はNASHに進みやすい傾向があるので、悪い生活習慣を断ち切るようにしましょう。

食べる順番で血糖値の上昇を防ごう!

食事によって血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。インスリンは余った糖を中性脂肪として蓄えるため、脂肪肝を防ぐには、血糖値を急激に上げないことが大切です。
野菜のおかず→肉・魚のおかず→ごはん(炭水化物)の順番に、よく噛んで食べれば、血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの分泌が抑えられます。

糖質を取り過ぎない!

食生活改善というと、まず脂っこいものを減らすと考えがちですが、それ以上に気を付けたいのが「糖質」です。日常的に糖質を摂り過ぎていると、脂肪肝になりやすいことがわかっています。特に果物の果糖は吸収がよく、肝臓で中性脂肪になりやすいため、注意が必要です。

ごはん、パン、麺類などは食べる量にも気をつけましょう。ほんの一口残すだけで、1ヶ月に500g、4ヶ月で2kg減量できると言われています。果物は、旬の味わいとして楽しむ程度がオススメ。もし毎日食べたい人は1日に1/2個を目安にして、朝食時に食べるといいみたいです。

緑茶を飲んで、脂肪肝予防!

ストレスや喫煙、紫外線などから発生する活性酸素を浴び続けると、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発症に影響を及ぼすそうです。これに「緑茶」が効果的なんです。緑茶に含まれるカテキンが体内、特に肝臓で発生する活性酸素を消去してくれることがわかってきました。メタボリック症候群にもいいという研究もあるので、脂肪肝予防にも効果的です。

筋肉をつけて、太りにくい身体になろう!

脂肪は筋肉で燃えるため、脂肪肝の改善には筋肉をつけることが大切です。軽い筋トレは、肝機能の改善につながり、インナーマッスルを鍛えれば基礎代謝が増えて、太りにくい体にもなります。スクワットなど、簡単でも出来る運動を習慣にしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あの小さな体に秘められた効果!脳にも栄養を補給してくれるししゃもの力

オスもメスもおいしくいただけますが、とくにお腹にたくさんの卵が詰まった産卵期のメス、いわゆる「子持ちししゃも…

気になる、フィッシュセラピー!実はリスクも?!

魚が角質を食べてくれるフィッシュセラピー、一度はやってみたいですね~。

コラーゲンが凄かった

コラーゲンはお肌のハリを作る成分で美肌効果があるというのは、多く認識されてます。 しかし、誤解されやすいのは…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。