この週末は高校サッカーの選手権の準決勝・決勝がやっていました。
テレビで観戦してました。
見事優勝した青森山田高校を見ながら、ここは野球も強いよなぁ〜なんて思っていた時に、もしかしたら2018年度、野球・サッカーのダブルで全国大会に出場した学校あるんじゃないかと気になりました。

甲子園は春の選抜、サッカーはインターハイもありますが、両競技で世間的にも盛り上がるのは、夏の甲子園と冬の選手権ですので、この大会に絞って調べるてみると、今年度は4校がダブル出場していましたので、まずは2校紹介します。

山形代表・羽黒高校

まずは野球部です。
今年は2005年以来の出場で、夏の甲子園2回目の出場でした。
初戦で奈良代表の奈良大附属高校に1-4で敗れてしまいました。

春の選抜にも2005年出場しており、その時は山形県勢初のベスト4まで勝ち進んでいました。

サッカー部
2004年冬の選手権初出場しています。
今大会で3回目の出場で昨年に続き2年連続の出場です。
初戦で滋賀代表の龍谷に0-3で敗れていました。

それでも2年連続で出場しているのは凄いですね。
『全国大会はその学校が何回出場しているかじゃなく、その選手が何回経験しているかが重要。出場回数より何年連続出場しているかだよ。』
私の高校の監督の言葉ですは、経験上これは本当にそうです。
そう意味では2年連続出場したサッカー部の生徒達は、大きな経験をしているので来年も出場に期待したいです。

宮城代表・仙台育英高校

スポーツが少しでも好きなら耳にしたことにある高校ですね。
野球部はこの夏で、なんと27回目の出場。
春も合わせると39回も甲子園に出場しています。今大会は初戦で、埼玉代表・浦和学院に0-9で敗れてしまいましたが、2015年の夏は準優勝。

夏は2015年含む2回の準優勝・春も1回準優勝と合計3回準優勝している名門校ですね。
ここまでの成績を挙げているので、東北県勢初の優勝は仙台育英が手にしてほしいというのが、個人的な思いです。

サッカー部は野球部を超えて、今大会で33回目で2年連続の出場でした。
過去2回ベスト4まで進出しています。
今大会は2回戦で岡山代表・岡山学芸館の0-1で惜しくも敗れていました。

仙台育英は野球・サッカー以外でも、駅伝やラグビーも全国トップレベルの強豪校のようです。

まとめ

まずは山形・羽黒高校と宮城・仙台育英の2校紹介させていただきました。
この次の2校は、誰もが知っているあのメジャーリーガーと、カリスマ性高かったあのサッカー日本代表選手を輩出した高校と、仙台育英同様に、スポーツ好きなら名前は聞いたことある高校の2校を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

男女ダブル受賞なるか?!AFC年間最優秀ユース選手賞候補が発表!

22日、AFCがユース年代の年間最優秀選手賞にあたる「AFC Youth Player of the Yea…

ベスト8決定!欧州チャンピオンズリーグ

欧州チャンピオンズリーグの準々決勝の組み合わせが決定!

Jクラブ初!東京ヴェルディ、ビーチサッカーチーム発足!

東京ヴェルディがJクラブ初のビーチサッカーチームを発足。4月に開催されるW杯も含め、ビーチサッカー界も盛り上…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。