ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は、善玉菌の代表格です。ヒトの腸内では善玉菌の99.9%以上はビフィズス菌と言われていて、その機能は腸内環境を良好に保つためになくてはならないものです。
便秘や下痢の予防と解消、腸内フローラの改善、免疫細胞の活性化、抗アレルギー作用、大腸ガン予防作用、美容効果など、いろいろな健康効果をもたらす、まさに善玉菌と言われています。

整腸作用

ビフィズス菌に最も期待される効果というのは、やはり整腸作用です。
腸の中にいる有害菌の働きを、ビフィズス菌が防ぐことで、腸内で有害菌に作られていたアンモニアやインドールといった腸内腐敗産物の数を減らしてくれます。その結果、長年の便秘が改善されたり、お腹を下し気味のひとの下痢が治ったりします。これが整腸作用です。
お腹にガスが溜まりやすい、ずっとお通じが出ていないといった場合は、ビフィズス菌によって改善効果が得られると言われています。

免疫力向上、アレルギー抑制にも

身体の調子を崩す原因のひとつに、悪玉菌の働きがあります。悪玉菌は腸壁で吸収されて、そのまま体全体へ巡っていき、身体の不調や病気の原因になることがあります。この悪玉菌の働きをビフィズス菌が防いでくれるので、悪玉菌の増殖が抑えられて身体の免疫力が強化されるのです。
この免疫力が悪玉菌などの働きで低下してしまうと、花粉やほこりなどの物質に身体が過剰に反応してしまい、アレルギー症状に繋がってしまうことがあります。しかし、ビフィズス菌を摂取して身体の免疫力を強化しておけば、アレルギー反応も抑えられて、症状も出づらくなります。ヨーグルトが花粉症に効果があると言われているのは、このビフィズス菌の働きが大きいと言われています。

美肌効果

よく便秘なので肌の調子が悪い、なんて話を聞きますが、これは悪玉菌が原因のようです。悪玉菌が腸の中で毒素を出し、それが腸壁で吸収されることで、全身に毒素が巡って肌荒れなどの症状に繋がるわけです。そのため、悪玉菌の働きを抑制するビフィズス菌を摂取すれば、肌荒れを防ぐ効果も期待できるそうです。
さらにビフィズス菌の作用としては、ビタミンKの合成にも効果があります。ビタミンKの効果としては、血の流れを改善するというものがあります。そのため、血行不良が原因ででてくる、くまなどの肌の悩みを治すことにもつながります。美肌のためにはビフィズス菌を摂ると良いみたいです。
ヨーグルトで簡単に摂れるビフィズス菌。毎日の摂取で、とても体に良い効果、健康にも美容にも良い効果が得られるので、朝の食事に加えてみるのも良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

疲労回復のコツ!

疲労回復のコツ!コツ!!コツ!!!

プリン体を知ろう

結局プリン体ってなんなのか。

腸を綺麗にすると良いことがあった

美容、健康、ダイエットを成功させるポイントは腸です。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です