はじめに

2020年の東京オリンピックで初めて行われる競技の1つですね。

陸上のトラック競技などと同じように、道具を使わずに鍛えられた肉体のみを使うスポーツの1つと言ってもいいのではないのでしょうか?

身体能力とテクニック、そして攻略するための読みが必要。何よりも知力や判断力がないと勝利を手にすることができないスポーツなのではないでしょうか?

今回はそんなスポーツクライミングの種目について紹介します。

スピード

世界共通のスピードルートで設定された、高さ15メートル、95度に前傾した2つの壁が用意されており、安全確保のためのロープを装着した2人の選手がタイムを競う。2人の瞬発力がぶつかり合う試合が展開されます。フライングは一発で失格と言う厳しいルールです。

優勝タイムは男子では5~6秒、女子で7~8秒。あまりの速さに驚くはずだ。

ボルダリング

高さ4メートル程度の壁に極限まで難しく設定されたコースを4分の制限時間内にいくつ登れるかを競う。選手は事前に練習ができない中でルートを考えながら登り、トップ(最上部)のホールドを両手で保持することができればその課題(コース)はクリア(完登)。選手はロープ無しで臨み、途中で落下しても再度トライできます。

ボルダリングの壁には、指先しかかからない小さなものから、両手でも抱えきれないホールドが設定されており、次のホールドには左右のどちらの足をかけるか、そのとき手はどこをつかむか、制限時間内に自分の能力を考えながら登らなければ攻略できない。また、途中から手前に倒れこむオーバーハングになっていることが多いため、頭と体の柔軟性も必要です。頭脳と手足を上手に使いながら驚くような姿勢で、一つ一つ課題をクリアしていく選手を思わず応援したくなりますね。

リード

6分の制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う。

選手は安全のために、ロープをクイックドロー(ロープを引っ掛ける器具)に掛けながら登り、トップのクイックドローにロープを掛ければ「完登」となる。途中で落ちた場合はそこが記録となり、再トライはない。

完登した選手あるいは同じ高さまで登った選手が複数いる場合は、タイムのよい選手が上位となる。多くの選手は一手でも上に到達するよう渾身の力を込めて壁を登る。ダイナミックなクライミングが見どころとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

運動している女性は男性にどう思われている?

今回は、特に女性の運動している姿に対して男性がどのような印象を抱くのか、アンケート調査してみました。

水難事故の防止を目指す水難救助訓練「着衣泳教室」を実施

スポーツクラブ「メガロス」は小学生を対象に水難救助訓練「着衣泳教室」を実施。これまでに延べ58校5,400人…

祝!金メダリスト体操内村航平選手の強さの秘密とは?

団体予選ではまさかのミスで心配しましたが、さすが内村選手。団体でも金、個人でも金! 最後は期待通りの結果を出…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。