GABA

麦茶にはGABA(γ-アミノ酪酸)という成分も多く含まれています。
GABAという成分、一時期チョコレートでも有名になったあれと同じ成分が麦茶にも含まれているのです。ちょっと意外だと思います。
GABA(ギャバ)はアミノ酸の一種で、中枢神経で働く高まった神経伝達物質を抑制する効能があります。
GABAには高まった神経を鎮める効果があることから、ストレス解消や、不眠解消、血圧を下げる効果、PMS(生理前のイライラ)にも役立ちます。
以上の理由から、高血圧の方や不眠でお悩みの方などにはおすすめですね。特に、麦茶はカフェインが含まれていないため、全ての人におすすめの飲み物です。

むくみ予防にも

麦茶にはカリウムも豊富に含まれています。
カリウムはミネラルの一種です。ミネラル麦茶の主要ミネラルは、このカリウムがメインになります。(ナトリウムも含まれますが、栄養素的に有効性があるのはカリウムだそうです。)
カリウムは、ナトリウムと相互に連携することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節する効果があります。
また、カリウムには、ナトリウム(塩分)の排泄を促す働きがあり、塩分のとりすぎに伴う、高血圧の予防、むくみを解消する効能もあります。
カリウムは麦茶のほかに、アボカドやほうれん草、納豆、里芋などの野菜や豆類、いも類に多く含まれています。

ノンカフェインで安心

麦茶は大麦を焙煎した抽出液であり、茶葉でないためカフェインが存在しないんです。
カフェインが含まれていないため、小さな子供でも安心して飲める飲み物です。また、大人でも就寝前に飲むことができる優れものです。ぜひ、この特性を活用したいですね。

発ガン性物質を抑える⁉︎

麦茶の原料である大麦には、p-クマル酸という成分が豊富に含まれています。
p-クマル酸とは、アントシアニンに存在する酸の一つです。厳密に言えば、p-クマル酸はクマル酸の中に含まれている3つの異性体のうちの一つに該当します。
p-クマル酸は、抗酸化物質を活性させる効能を持ち、発がん性物質を抑える働きがあるそうです。
p-クマル酸は発がん性物質のニトロソアニンの生成を抑制し、とくに、胃がんのリスクを減らすと考えられています。大麦のほかにも、落花生、トマト、ニンジン、にんにくなどにもp-クマル酸は多く含まれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

生活習慣を見直し健康な体をつくろう

免疫力の低下は、加齢、過度な運動、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で起こります。そうなると免疫力は低下し、…

今流行りのブリッジが凄い!?

皆さん、一度はやったことがある方も多いブリッジ。 その魅力を紹介します。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です