「昼寝」のメリット!

近年、効果的なリフレッシュ法として、昼寝が注目されています。企業によっては、オフィスで仮眠をとる制度を導入しているところもあるようです。厚生労働省も、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることは、眠気による作業効率の改善に効果的とし、昼寝を推奨しています。30分以内の昼寝は主に、集中力のアップ、記憶力の向上、仕事の能率アップ、ストレスの軽減などのメリットがあり、眠気を我慢してぼんやり過ごすより、昼寝でリセットしたほうが効率もあがるようです。

十分な睡眠時間が確保できない方や、残業続きで疲れが溜まりやすい方にとっては、昼寝で1日の過ごし方の質を高めることが出来ると言えます。

効果的な「昼寝」とは、、、

時間は30分以内!

30分以上眠ると深い睡眠に入ってしまい、起床した時にかえって頭がすっきりしない状態になってしまうそうです。気持ちよく目覚めるには、「30分以内」と決めて仮眠をとるのがベスト。

また夜の睡眠を邪魔しないように、午後の早い時間帯に寝ると良いそうです。夕方以降の昼寝は、夜の睡眠に悪影響を及ぼすため「睡眠禁止ゾーン」と言われているそうです。

昼寝前にカフェインをとる!

眠気覚ましに効果的なカフェインは約20分後に効果があらわれると言われているので、30分以内に目を覚ますために、昼寝の前にはコーヒーや緑茶などのカフェインを含むものを飲んでおくと良いです。

目覚めたら軽くストレッチ!

起きたら体の側面を伸ばしたり、背中、お腹まわりを伸ばすストレッチを軽く行って、血の巡りをよくしましょう。深呼吸をすることも効果的のようです。

「昼寝」で仕事の効率をあげよう!

最近では、昼休み時間帯に、食後、自席で軽く昼寝を取る方が増えているそうです。それでも十分に効果はありますが、できれば通常に眠る際と同様に、横になって光を遮断できる環境で昼寝を行うのが眠りにつきやすく、かつ起きやすいと言われています。

「昼寝」は、生理的にも間違ってなく、また仕事に必要なパワーを与えてくれたり、健康にも良いということで、企業でも昼寝を推奨したりする傾向があります。
ただ、すべての方に万能ではなく、昼寝の仕方も注意が必要です。
適切な昼寝で快適に業務をこなしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

一流アスリート達の子供時代、そこにある共通点とは?

実は最初から今のスポーツをしていたわけではなかった?一流アスリート達が幼少期に行っていたスポーツについてご紹…

夏まで待てないフジロックフェスティバル

夏といえば海?川? いいえ、山でフェスでしょ!! ということで、夏の風物詩とも言える、フジロックフェスティ…

川を渡ればそこは埼玉県!人気ランキング!

東京へのアクセスは全部で5通り。近くの東京であれば、川を挟んですぐの距離。川を渡るだけで家賃相場もだいぶ落ち…

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。