免疫力低下の原因とは

免疫力の低下は、加齢、過度な運動、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で起こります。
まず、加齢についてですが、これは免疫細胞の生成が加齢とともに減少し、免疫力が正常に働きにくくなることが原因です。
過度な運動は、ナチュラルキラー細胞や免疫物質であるIgA(免疫グロブリン)の分泌量を低下させる要因になります。
激しい運動をすればするほど免疫力は低下し、風邪も引きやすくなってしまうのです。

気をつける事!

・喫煙を控える
タバコを吸うことによって、白血球の一種である肺胞マクロファージが抗体を作り出す力が衰えたり、免疫機能を促す働きを持つリンパ球が減少することがわかっています。

・良質な睡眠を十分とること

免疫力をつかさどる自律神経は、眠ることによってバランスが保たれています。そのため、睡眠がしっかりとれていないと、免疫力は低下します。個人差はありますが、7~9時間程度の睡眠時間が理想です。

・起床したら朝日を浴び、朝食をきちんと摂ること

夜間はリラックスさせる副交感神経が優位になり、昼は活動的な交感神経が優位になります。また、免疫細胞も昼は活性が高く、夜は低くなります。これを日内変動型と呼びますが、朝日を浴び、朝食をしっかり摂ることでスイッチの切り替えがしやすくなり、体内リズムが整うことで免疫力もアップします。

・免疫力をアップさせる食材を取り入れ、栄養バランスのよい食事を

ヨーグルトや納豆など整腸作用のある食材、ニンジンやトマト、ホウレンソウ、モロヘイヤなど抗酸化力作用のある食材には、免疫力を高める効果が期待できます。これらの他、免疫細胞をつくるもとになるタンパク質もしっかり摂りながら、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

・入浴時は湯船に浸かって、しっかり体を温めよう

体温が1度下がると、免疫力が3割低下するといわれています。いつもシャワーだけですませがちな人は、湯船に浸かるようにするだけで、体温が上がり、免疫力を高める効果が期待できます。半身浴や足浴も効果的です。

・思い切り笑うように心がけよう

笑いには、免疫力を高める効果があることが実証されています。お笑い番組などを観たり、友達と楽しくおしゃべりしたり、大笑いできるシーンを積極的に増やしましょう。

激しい運動は逆効果!

適切な運動量は最大心拍数の60%と言われています。
 最大心拍数とは「もう限界だ」と感じる状態のことを示します。つまり、少し息が切れるくらいで運動を止めると、一番、脂肪が燃焼されるのです。

 激しい運動だと最大心拍数の100%まで達してしまい、酸素不足に陥り脂肪燃焼の効率ががくっと下がります。
 また、運動不足の人が急激に運動をして筋肉を動かすと、肉離れや酷い筋肉痛など、怪我に悩まされるリスクも高くなってしまいます。

 それだけではなく、激しい運動は「つらい体験」として脳に記憶され、継続出来ずに三日坊主で終わってしまいがち。
 アスリートなど高い目標がある人はともかく、ダイエットやメタボ予防など健康目的で運動をしている人にとって激しい運動は百害あって一利なしなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエットだけじゃない!週末プチ断食をして最高の健康状態を手に入れよう

週末に休日に1日だけのプチ断食で素晴らしい健康効果が得られます。

腰に走る激痛は、若い人も運動している人も要注意!「ぎっくり腰」!!

「ぎっくり腰」、その激痛は半端なかったです。痛みに襲われたら、まずは冷やしましょう!!

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。