はじめに

学生時代のトレーニングと言えばダッシュではないでしょうか。
ひたすら本数をこなして走り続けるダッシュトレーニング。
長距離も瞬発力系なので、何本もやると疲労が溜まりますね。
下半身の強化や瞬発力、チームで行えばメンタルも鍛えられます。
しかし今回紹介するダッシュは普通のダッシュではなく、坂道ダッシュです。傾斜がつくことでさらなる負荷がかかり、下半身のトレーニングになります。行うのも緩い坂ではなく、テレビでも「全力坂」があるように、急な坂が負荷もかかり、パワーアップに繋がるでしょう。
今回はそんな坂道ダッシュの効果について紹介致します。

効果

坂道ダッシュは筋力アップの効果、特に下半身に関しては高い効果を期待出来ると言えます。
坂道を駆け上がる時、体に対する抵抗力は増加し、それによって筋肉に掛かる負荷が上がります。
この時、腰の屈筋群やお尻の筋肉、さらに大腿四頭筋などを使って、前方へ爆発的な力を使って進んでいくことになります。
短い時間の中で爆発的な力の出し方を繰り返す坂道ダッシュでは、この脳から筋肉へ送られる信号(刺激)の速度や回数を高めていくことになり、また同時に、動作に関わる筋繊維を増やしていくことにも繋がります。
その結果、発揮できる筋力が高まっていくことになるのです。
そして坂道ダッシュは、心肺機能の向上といった点についても大きな効果を持っていると言えます。
坂道ダッシュでは、全身を爆発的に動かしていくためにも、血流を活発にしていかなくてはなりません。
そのため、血流を押し出していくための心臓が持つポンプのような作用が強化され、1回の拍動で送り出せる血液の量を最大化していくといった効果を期待できます。心臓が一回の拍動で送り出せる血液量が増えれば増えるほど、全身に血流を循環させるために必要な脈拍数は少なくて済むため、その分、心臓は効率的に機能するようになります。
さらにその結果、スタミナを強化し、少しの運動では疲れにくい体力を養っていけると言えるのです。

ダイエットにも

脂肪を燃焼させるには酸素が必要といわれていて、そのため多くの方が有酸素運動を取り入れダイエットに励んでいるのですが、坂道ダッシュであれば酸素の取り込み量を増大させることが出来るため高い脂肪燃焼効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ツール・ド・東北

震災を忘れないように

弱虫ペダルが自転車人気を引率!!!

弱虫ペダルって知っていますか?

歴史好きなら1度は行きたい京都伏見

歴史ある街京都。その中でも人気のある伏見にスポットをあててみました。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。