6月ごろに梅雨になりだす日本。
植物にとってはよい季節かもしれませんが、人間にとっては、いろいろな病気が発症しやすくなる季節。
梅雨と体調の関係とはどういったものなのでしょうか。

なぜ体調が崩れやすくなるのか

人間の体の多くは水分で成り立っています。
そのため、外気の湿度が高くなると、水を処理する機能が低下してしまうこともあって体調が悪くなります。

ただ、体調不良を訴えるのはこのように体の機能が弱っている人だけではなく、梅雨の時期はどのような人でも、体の中の水分を発散させにくくなり、いわゆる漢方でいわれている「水毒」がたまりやすい時期で、免疫力が低下しやすいとされ、このため梅雨独特の体の不調を訴える人が多いのです。

梅雨の時期の体調不良の症状

・体が重くてだるい
頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、寝付けない、朝起きられない

・食欲不振
消化不良、下痢、便秘、吐き気、むくみ、新陳代謝の低下

・思考、集中力の低下
イライラしやすい、ダラダラしがち、焦りや不安感が高まる、気力の低下、性欲の低下

・持病の悪化
関節痛、神経痛、古傷が痛む、アレルギー発症など

体調不良を起こしやすいタイプ

不規則な生活をしている
規則正しい生活と食事、十分な睡眠はとれていますか?
この時期は自覚しているよりも身体に負担がかかっていますので、不規則な生活をしていると他の季節に比べ容易に体調を崩してしまいます。

体力のない人
普段から運動をし、適度に日光を浴びている人に比べ運動習慣が無く、体力のない人は症状が出やすい傾向があります。

敏感な人
ある程度体力がある人でも敏感な人は症状が出やすくなります。
ですから、重い自覚症状があるなら天気に注意をして、気圧の変化が大きい日は無理をしないようにするなどの自衛対策が重要になります。
敏感な人の場合は過度に仕事を詰めこまない、調子をみて休むといった事を意識するといいでしょう。

まとめ

天候が崩れやすい梅雨の時期は体調を崩すことが多いです。
日常生活の中から、改善出来るとこは改善しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

唐辛子、実は凄い効果があった

丼物や汁物にアクセントを加えてくれる大切な調味料ですよね!

あずきの力

あずきを煮て作るあんこは、おまんじゅうや羊羹などさまざまな和菓子に使われていますね。 あんこを作るあずきの効…

チアシードの力

アメリカでスーパーフードとして流行したことやミランダ・カーやハリウッドセレブが愛用する食材としてメディアで紹…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。