「バランスのよい食事をとりましょう」耳にタコができるほどよく聞く話ですが、なかなか栄養のバランスを考えるのも大変ですよね。
そんな時は、食材の色で選んでみてはいかかでしょうか。

シンプルで取り入れやすい「三色食品群」

三色食品群」はその名の通り、食材を3色に分けて考える方法です。赤色は「主に身体の組織をつくる」、黄色は「主にエネルギーとなる」、緑は「主に身体の調子を整える」栄養素となっています。

身体の組織をつくる栄養素は「たんぱく質」ですから、たんぱく質を多く含んでいる魚・肉・卵・大豆製品などが赤色の仲間です。黄色は炭水化物(糖質)ですので、炭水化物を多く含む米・麺・パンなどが含まれます。緑色は見た目の通り、ビタミンを多く含む野菜がこの仲間です。キノコやこんにゃく、海藻なども緑色の仲間です。

この3色が揃っていればバランスは整っているし、これが揃っていなければバランスがよくないというわけです。同じ色のイメージを持つ食品は同じような栄養素を持っていることが多いので、食品を選ぶときの参考にするとよいでしょう。

料理の色を考える

色分けも面倒な時は、もっと単純に料理の色合いでバランスが取れているか、大まかな判断はできます。食事のお膳を見て同じ色ばかりだと思うときは、ほとんどの場合食材の偏りがあるはずです。

料理が全体的に茶色っぽいときは、肉か魚と根野菜が多いとき。他にも赤が多いときはケチャップベースの煮物にトマトを使った小鉢といった塩梅。病院では人数も多いので、こういった食材の被りがないように注意をするのですが、ときどき失敗をしてこういう献立を作ってしまうことがあります。このように、料理の皿の中が赤や茶ばかりで同じ色だと、バランスが偏っているのがよく分かりますよね。

色彩のよい料理はそれだけで食欲が沸くものですが、その色彩だけでも栄養のバランスの良し悪しはある程度判断できます。それと同時に、大事なことは丼だけ、ラーメンだけ、などの単品だけを食べるのではなく、主食・主菜・副菜をそろえて食べることを意識することから始めてみるとよいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

お花見季節がもうすぐやってくる

もうすぐ3月になり、そろそろお花見の季節がやってきますね。 何の桜で花見をしましょうか。

ライブ見にいくなら!ヤッパリここかな!?

よくライブに行っていました。10代後半から20代前半の頃の思い出に浸りながら書いてみた、そんな感じです。

震災大国日本!地震が起きたら

地震大国日本。どこに避難すれば良いのか。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。