はじめに

最近では日本でもトレーニングに対する意識も高まり、スポーツクラブに通う方や24時間営業のフィットネスジムに通う方も増えてきてますね。
特にテレビでも女性の会員さんが増えてきているそうです。
ダイエットやシェイプアップを目的にされてる方も多く、たくさんの方がトレーニングに励んでいます。今ではお尻を引き締める、ヒップアップを目的にしている女性も多いとか、そして今回紹介するトレーニングも、ヒップアップにも繋がるトレーニングですので、少し紹介したいと思います。

スクワットの利点

「大きい筋肉を鍛える」という点です。胸・背中・下半身の筋肉のような身体の中でも大きい筋肉から鍛えた方が、トレーニング後の基礎代謝の向上も見た目の変化も期待できます。中でもスクワットで使う太ももの筋肉は特に大きく、一番カロリーを消費します。つまりスクワットは、筋トレの中で最もカロリーを消費できて、効率よく筋肉量を増やすことができる筋トレ方法といえます。

姿勢

① 足は肩幅より少し広めに開きます。
② 足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向けます。
③ 股関節も曲げてお尻を真下に落とすイメージで膝を曲げます。
④ お尻を後ろに突き出し、膝が爪先より前に出ないように椅子に座るイメージです。
⑤顔を上げ、胸を張り、背筋を伸ばしましょう。
⑥ 太ももと床が平行になるまで腰を落とします。
⑦ 腰を軽く曲げたところまで立ち上がります。

回数

ダイエットに必要な代謝アップ、シェイプアップは筋肥大(筋発達)によるものです。筋肥大が目的のトレーニングは1セット6~12回(最大筋力の70~80%)くらいが効果的だといわれています。6~12回で限界を感じるくらいの負荷で、1セット6~12回を3~6セット行います。1セット行うごとに30秒~90秒のインターバルをとりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏よりも冬のほうが実は痩せやすいその理由は。でもなぜ太りやすいのか・・・

痩せやすい季節なのに、なぜか太ってしまう。その理由は・・・

チューブトレーニング

スポーツ選手も行っているトレーニング

腕の筋肉の効果的な鍛え方

上腕二頭筋と聞いてピンとこなくても「力こぶ」と聞いたらわかりやすいはずです。 男性ならこの部分は盛り上がった…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。