21世紀枠最終候補一覧

◆北海道=函館工
今秋北海道大会8強
過去甲子園は夏4度、春1度の5度出場。57年夏に8強も63年夏を最後に出場無し。地域に密着したチームを目指し、15年から五稜郭公園外周を約2000個の電球で彩る冬の名物「ほしのゆめイルミネーション」の製作ボランティアに参加。ナインは10キロ近くある土のう運びや電飾の設置など協力。建築科の部員は課題研究で製作した机を児童会館に寄贈したり、幼稚園の看板修理など、町作りに貢献。

◆東北=由利工(秋田)
県大会3位→東北大会8強
最速142キロのエース佐藤亜蓮を中心に62年の創部以来、春も含めて初の東北大会出場。さらに「地域に愛される学校」を目指す中で、野球部員が率先して地域住民へのあいさつ活動を行っていることも評価

◆関東=藤岡中央(群馬・県)
県大会4強
準々決勝で夏の甲子園に出場した前橋育英を延長14回の末、2-1で下し創部以来初の4強入りを果たすなど部員24人(女子マネジャー含む)と少人数ながら工夫した練習で好成績。エース門馬亮は最速143キロの好投手。また文武両道を掲げ学習にも力を入れていることなど評価
05年、藤岡高、藤岡女子高閉校に伴い開校。普通科と理数科がある

◆北信越=金津(福井)
県大会初優勝→北信越大会初戦敗退
学校周辺の雪かき、少年野球チームとの交流など地域との関わりなど評価
1983年開校。所在地はあわら市。春夏甲子園出場なし

◆東海=大垣西(岐阜・県)
県大会準優勝→東海大会8強
東海大会初戦で強豪の中京大中京(愛知)を破り8強。ボランティア活動なども評価
1980年創立の進学校。春夏甲子園出場なし。11年に東海地区の21世紀枠候補校に残ったが落選した。卒業生にプロレスラーの棚橋弘至

◆近畿=膳所(滋賀)
県大会8強
県屈指の進学校で学業と部活動の両立。県大会では準々決勝で優勝した近江に敗れたが1-3と善戦。セイバーメトリクスを用いたデータ野球が持ち味
1898年、滋賀県第二尋常中学校として開校。所在地は大津市。甲子園は72年夏、78年夏、34年春、56年春、59年春の5度出場もすべて初戦敗退。OBに元阪急の人見武雄内野手、元阪神の石田博三外野手

◆中国=下関西(山口・県)
県大会4強(3位)→中国大会初戦敗退
文武両道。限られた練習時間や施設という環境の中で好成績を挙げたことが評価
1920年、下関中として開校の進学校。校是は「天下第一関」。甲子園は1951年夏に1度出場し1勝を挙げた。卒業生に林芳正文科相

◆高知追手前(高知・県)
県大会4強(3位)→四国大会初戦敗退
「本気の文武両道」を追求。グラウンドを複数の部で共有という限られた環境下で4年ぶり2回目の四国大会出場。1回戦で敗れたものの大手前高松(香川2位)に延長14回で2-3で惜敗
1878年(明11)、高知中として創立の進学校。その後高知県尋常中、城東中などと改称し1949年、現校名に。甲子園は城東中時代の46年夏、47年春(4強)の2度出場。OBにその時にエースとして活躍、その後慶大監督を務めた前田祐吉さん(故人)

◆九州=伊万里(佐賀・県)
県大会準優勝→九州大会初戦敗退
エース山口修司投手を中心に接戦を勝ち上がった
1916年、伊万里町立伊万里実科女学校と称して開校の進学校。地元は陶磁器で有名。49年から現校名。甲子園出場なし。OBに元阪神の渡辺博敏投手

決め手を欠く候補の中、やはり地区大会8強入りの由利工、大垣西は最有力か!?

今回はここ!といえる材料のある候補校が揃ってないので、なかなか選出予想がつかないというのが感想だ。
その中でもやはり東北大会8強の由利工、東海大会8強の大垣西は地区大会1勝した事もあり、やはり有利な気がする。
特に大垣西は名門中京大中京を破っている点と、以前にも21世紀枠最終候補に残った事のある経緯もあるので、今度こそ選ばれる要素は十分高いチームといえよう。

となると残りの一枠が大混戦だ。
筆者が予想しているのは金津、下関西、藤岡中央。この3校のどちらかに絞られてくると思う。
金津は各候補校の中で唯一の県優勝校というのは大きい。
下関西は県トップの進学校ながら中国大会出場という点は、他の候補校中では大きなポイント。
1校は文武両道の進学校を選出させたい高野連も一致しそう。
藤岡中央は県ベスト4と実績は他候補校に比べて乏しいかが、エース門馬亮は、強豪・前橋育英打線を完全シャットアウトした実力は是非甲子園でも見たいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

広島カープ3連覇への道 Vol.55 〜6/9 楽天ゴールデンイーグルス戦〜

広島カープ2連勝!!手に汗握る投手戦を制したのは広島カープ!松山選手の一振りで勝利を手にしました。ジョンソン…

広島カープ3連覇への道 Vol.63 〜6/18 日本ハムファイターズ戦〜

交流戦最終戦を勝ちで飾れず連勝ならず。。。今シーズン2度目の先発マウンドとなった福井選手が粘れませんでしたね…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。