はじめに

みなさんは歯について気にしていますでしょうか?
歯を磨いていても、虫歯になったりしますよね。
虫歯にならないように定期的に歯医者さんに通ったりしている方も多いかと思いますが、日頃の食べ物からも気をつける事ができるそうです。
今回は歯に良い行動について紹介したいと思います。

甘い食べ物を控える

食事は歯の健康や虫歯に大きく影響します。歯のエナメル質を丈夫に保ち、虫歯を予防するには炭酸飲料やお菓子類だけに限らず、フルーツやドライフルーツ、さつまいもなどの甘い食べものも控える方がいいでしょう。もし食べてしまったら、すぐに歯磨きをしましょう。

ビタミンを多く摂取

歯や骨の健康を保つにはビタミンA、C、D、K必要です。ビタミンAはタラの肝油に豊富で、ビタミンKは緑の葉野菜や、カリフラワーに含まれています。サケやサバはビタミンDが豊富で歯をミネラル化させ、かんきつ系のフルーツやパプリカはビタミンCが豊富です。
少しでも意識して、歯の健康を保ちたいですね。

エナメル質の強化

歯や骨のミネラル主成分としてカルシウムは欠くことのできない成分です。煮干しなどの噛み応えある小魚などをメインに食べていると、カルシウム摂取と同時に顎の筋肉も鍛えられ、歯の再石灰化を行う唾液腺も活発になり唾液も出やすくなります。

ただ、カルシウムは、人体に最も吸収されにくいという特徴があります。吸収をサポートするキノコ類などのビタミンDの同時摂取も必須でしょう。

また、人体の中で一番硬いといわれる歯のエナメル質を強化するビタミンAを含む、ほうれん草や海藻類、エナメル質の中に存在する象牙質の強化をするビタミンCが豊富なピーマンや大根、果物などを摂取することで虫歯の進行をくいとめることができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏間近!!オススメマリンスポーツ紹介

オススメのマリンスポーツを紹介していきます。 是非参考にして見てください。

カミナリにおヘソを取られる!?雷神様はヘソが好き!?

「カミナリが鳴ったらヘソを取られる」 これっていったい何なのでしょうね?

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。