インフルエンザとは

インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」に感染することで起こる病気です。

普通の風邪と症状が似ている面もありますが、原因となるウィルスの種類が違う全く別の病気です。

インフルエンザの症状の特徴は、「突然の発熱、全身への強い倦怠感・関節痛・筋肉痛(※人によっては鈍痛程度の強い痛みを感じる場合も)、急激な衰弱、食欲不振」などが挙げられます。

特に、インフルエンザは「全身症状」が強く現れやすく、普段の生活が送れないほど体調が悪くなるため、風邪と比較すると症状が重い傾向があるのが特徴的です。

潜伏中のオススメの食事

潜伏期間中は風邪で言えば、「ひきはじめ」の段階に似ています。「もしかして!?」と思ったらこの期間中からしっかりとケアすることが大切です。

特に大切なのが、「十分な休養・睡眠」と「栄養摂取」と言われてます。

まだ、体力を奪われていない段階であれば、食欲もさほど落ちていないため、この時にしっかりと栄養のあるものを食べて「体力=免疫力」を高めて備えておきましょう。
インフルエンザの潜伏期間中の食事でおすすめなのが「鍋料理」です。
鍋料理は、いろんな食材を一度に摂れて栄養バランスにも優れていますし消化も良いものです。

また、免疫力を高めるためには、「温かいもので体を温める」こともとっても有効です。

体の体温が下がると免疫力も低下します。逆に体温があがると免疫力もアップします。ちなみに、体温が1℃あがると免疫力が5~6倍アップすると言われています。

鍋料理は、温かいものを食べて内側から体を温めて免疫力をアップさせることもできますし、鍋をすることで、室内も暖まりますし、湿度もアップするので内側と外側から効果的に体を温めることができて理想的です。

他にも、卵酒、甘酒、納豆、ヨーグルト、バナナなども栄養価が高く、免疫力を高めてくれるので効果的です。

最後に

発症中も効果的な栄養補給で少しでも早い回復ができるよう心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

お風呂あがり夜更かししてない?快眠のススメ

こんな悪習慣は太る原因になってしまうかも? 今回はこの時期ついついやってしまいがちな悪習慣をご紹介します。

野菜もたくさん食べられる!冬や寒い日はやっぱり鍋

ココロが温まる。気持ちが落ち着く。鍋は色々効果あり。

気になる、フィッシュセラピー!実はリスクも?!

魚が角質を食べてくれるフィッシュセラピー、一度はやってみたいですね~。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。