スイミングセンター選び

筋トレや走る事は興味はないけど運動はしたい、なまった身体をなんとかしたい、無性に泳ぎたい、昔水泳やっていた等思う方もいると思います。そんな方へはスイミングセンターをオススメします。どのスイミングセンターを利用するかにもよりますが、一般的に市営や県民体育系など公営の施設を利用すると安くつく場合が多いです。月会費制度もありますし、10枚5000円程度のチケット制の所もあります。1週間に通う頻度、利用時間に対して安くなる高くなるは個人差はありますのでご自身の通える範囲で決めるといいです。コーチを付けたり、大会目指すのでないのであれば安く良い運動が出来る事は間違いないですね。スポーツクラブ同様職場の近くか家の近くなのかライフスタイルに合わせて選びましょう。

メリットや楽しみ

水泳中は水に浮いている状態なので浮力作用働き、関節や身体全体に無理な負荷や衝撃がかからないので忙しくて運動不足の方、久々の運動の方、太っている人や喘息持ちや怪我からの復帰を目指す方にも良いです。軽い負荷で運動出来る種目ですので年齢関係なく出来ます。軽負荷とはいえ水の抵抗があるためかなりの消費カロリーがあります。運動効率の高いエクササイズと言えます。頑張った後はお腹が空きますが食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。頑張って泳ぐだけではありません。歩いたりも出来ますし、水の中で浮いてるだけでもリラックス効果が期待出来ます。何より自分のペースで出来るのが魅力です。そして道具を揃えるのも楽しみでモチベーションが上がりますよね。水着、キャップ、ゴーグル、耳栓等。段々こだわりが出て来るかも知れません。そうなったら素敵なスイミングライフになりますね。

最後に

下半身は普段歩いたり立ったり座ったりと使っていますが上半身の筋肉は意識しないとなかなか使いません。頑張り過ぎると腕や肩に相当な負荷がかかってきますのでストレッチをお忘れ無く。健康維持の為にもスイミングセンターも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

エナジークエスト商品無料サンプル

サンプル請求にはオンラインショップ会員登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スポーツクラブでのマナーシリーズ〜プール編〜

スポーツクラブのマナーシリーズ。今回は最近再ブームのプール編です。老若男女問わず愛してループールールー大柴

妙高杉の原スキー場の魅力

日本でも屈指の8.5Kmロングコースと、ふかふかの天然雪を味わうことができるスキー場、自分自身が好きなスキー…

スポーツクラブでのマナー〜スタジオ編〜3

まだまだ続くスタジオマナー。インストラクターだからこそまだまだあるでよー

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square