広島カープ 0-4 DeNAベイスターズ

ベイスターズ、今永選手がプロ入り初完投、初完封勝利。

ベイスターズは4回、2アウト2,3塁のチャンスでロペス選手のタイムリーヒットで2点を先制すると、6回には田中選手のタイムリーヒット、9回にはロペス選手のタイムリーツーベースヒットで点差を離し勝利を収めた。
投げてはベイスターズ先発の今永選手が広島打線を9回を1安打に抑える完璧なピッチングでプロ入り初完投、初完封勝利。
広島カープは今永選手の前に打線が沈黙した。

読売ジャイアンツ 1-0 ヤクルトスワローズ

ジャイアンツが接戦を制し4連勝。

ジャイアンツは初回、1アウト2,3塁のチャンスで阿部選手が犠牲フライを放ち幸先よく先制点をあげる。その後、ジャイアンツ6人の投手リレーでヤクルトスワローズを0点に抑え4連勝。投げては2番手に登板した篠原選手が完璧なピッチングで、育成出身選手では初の初登板初勝利をあげた。
ヤクルトスワローズは8安打を放つもあと一本が出なかった。

中日ドラゴンズ 4×-3 阪神タイガース

中日ドラゴンズがサヨナラ勝ち。

両者3点を取り、同点で迎えた9回、中日ドラゴンズは2アウト2,3塁のチャンスで京田選手が打った打球を名手、鳥谷選手が痛恨のエラーをし、中日ドラゴンズがサヨナラ勝ちを収めた。投げては中日ドラゴンズの5番手、田島選手が1イニングを無失点で抑え、今季初勝利。
阪神タイガースは2度勝ち越しするも、投手陣が踏ん張ることができなかった。

4月20日の試合

広島カープ対DeNAベイスターズ
予告先発
広島カープ 大瀬良選手
ベイスターズ 井納選手
マツダスタジアム 18時プレイボール

中日ドラゴンズ対阪神タイガース
予告先発
中日ドラゴンズ 大野選手
阪神タイガース青柳選手
ナゴヤドーム 18時プレイボール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.39 〜本拠地CSへ落とせない3連戦!ヤクルト戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

広島カープの快進撃〜投手陣編〜

今シーズンの広島カープの投手陣についてまとめてみました。

2017マイナビ プロ野球オールスターゲーム!選出された埼玉西武ライオンズの選手

シーズン前は最下位予想までされていた埼玉西武ライオンズですが、今シーズンはここまでパ・リーグ3位。そんな中、…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。