前夜の敗戦から一転、侍ジャパンが投打で圧倒!

1日、ヤフオクドームで台湾プロ野球選抜と壮行試合を行い、9-1で快勝。完敗を喫した前夜から一転、投打ともに圧倒した。2月25日の練習試合・ソフトバンク戦、28日の壮行試合で2連敗していた侍ジャパンが、ようやく今季初勝利を飾った。

菅野が好投!4番・筒香3打点!

初回、山田(ヤクルト)の先頭打者本塁打で先制。5回には一死二、三塁から筒香(横浜)が放った打球が台湾の一塁手のファンブルをさそい。さらに中田(日本ハム)の犠飛も出て2点を追加した。6回には敵失などでで2点を加え、さらに筒香の2点適時打で一挙に4得点。7回には暴投などで2点を奪い突き放した。

投げては先発の菅野(巨人)が4回で4安打を浴びながら無四球で無失点。58球で投げ切り、球数制限のあるWBCを見据えた投球を披露した。2番手の石川(ロッテ)は1失点したものの3回で6奪三振。3番手の藤浪(阪神)、4番手の千賀(ソフトバンク)が無失点リレーで締めた。

関連するまとめ

田中将大完封勝利で今シーズン3勝目!

ヤンキース・田中将大選手が3年ぶりの完封勝利をマークし、今シーズン3勝目。

一点をもぎ取る作戦【スクイズ】とは

野球の戦術のひとつで、三塁ランナーをバントでホームに返していき、一点をもぎ取っていく作戦のことを言います。

プロ野球新人王決定!!阪神・高山と日ハム・高梨が獲得!

プロ野球の「NPB AWARDS 2016 supported by リポビタンD」が28日、東京都内のホテ…