新元号【令和】となった日本!
今年のドラフトは令和初のドラフトです。
そんな今年だからこそ、平成時代のドラフトを振り返ってみたい。
全選手はめんどくさいので、名誉あるドラフト1位を振り返ってみます。
まずは平成元年から平成10年です。

平成元年〜平成10年のドラフト1位

【平成元年・1989年】野茂選手8球団指名ドラフト
野茂英雄指名も交渉権得られず。
佐々木主浩投手東北福祉大学

【平成2年・1990年】小池秀郎8球団指名
水尾嘉孝投手福井工業大

【平成3年・1991年】イチロー選手4位指名
斎藤隆(中日と競合)投手東北福祉大学

【平成4年・1992年】松井秀喜選手ドラフト1位指名
横浜ベイスターズとして初のドラフト
小桧山雅仁投手日本石油

【平成5年・1993年】逆指名制度開始
河原隆一(逆指名)投手関東学院大学

【平成6年・1994年】
紀田彰一内野手横浜

【平成7年・1995年】現阪神・福留選手に7球団指名
細見和史(逆指名)投手同志社大

【平成8年・1996年】松中・井口・今岡選手などアトランタ五輪代表選手ドラフト指名
川村丈夫(逆指名)投手日本石油

【平成9年・1997年】平安高校・川口投手4球団から指名
谷口邦幸投手町野高

【平成10年・1998年】松坂・上原ドラフト指名
松坂大輔指名も3球団競合。交渉権得られず。
古木克明内野手豊田大谷高

関連するまとめ

平成30年野球殿堂入り発表

野球殿堂を果たした人物は?

100マイルを超える剛速球が武器の【ジェイコブ・デグローム】

2018年から2年連続でナショナル・リーグのサイ・ヤング賞を獲得した現役MLB最高投手の1人。

関連するキーワード