人気少年漫画弱虫ペダル

弱虫ペダルという人気漫画を知っていますでしょうか?
週刊少年チャンピオンで連載中の、自転車競技をテーマにした、スポーツ漫画です。
【努力】【友情】【勝利】
少年漫画の鉄則を盛りだくさんの、胸が熱くなる漫画です。

主人公はスポーツ未経験のオタク少年?

スポーツ漫画の主人公といえば、凄い選手・経験者だが下手な選手・未経験ながら、体つきや運動センスがある奴。
だいたいがこんなパターンの主人公がおおいですが、弱虫ペダルの主人公の野田坂道、アニメ・ゲームを愛し、秋葉原に通い続けるオタク少年なんです。

高校に入って、そんな自分を変えたく、偶然見てしまった自転車競技に魅了されて、自転車部に入学・・・なんてありきたりな展開ではなく、中学時代にオタクの友達ができなかった主人公は、高校でアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つ。
根っからのオタク少年なんです。

なぜ自転車部に入部?

そんな生粋のオタク少年の主人公が、なぜ自転車部に入部する事になったのか。それは、入学した高校に秘密がありました。

主人公が入学した高校は、千葉県下のロードレース強豪校として全国に知られる高校であり、学校のある場所は、小高い山の上にあり、傾斜は緩やかだが距離の長い正門坂と、傾斜がきつく距離の短い裏門坂があるのです。

そんなキツい通学路を、主人公は歌いながらママチャリで登校出来る脚力があったのです。この脚力は小学生時代から、愛する秋葉原に自転車で通っていた事により、鍛えられたのです。

そんな姿を信じがたい光景として目にしたのが、同級生の今泉俊輔。

中学時代から自転車競技で活躍していた今泉は、主人公に「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」
と勝負ををもちかえ、主人公と勝負をする事になります。
主人公は、あと一歩のところで惜敗しますが、今までにない感情を感じた数日後、主人公は関西から引っ越してきたばかりの同級生・鳴子章吉と友人になる。鳴子もまた、中学時代に自転車競技で活躍していたのです。

そんな2人との出会いに、今までに経験したことのなかった“自転車で速く走る楽しみ”を見出し、アニ研部の部員集めを諦め、自転車競技部に入部する事になったのです。

漫画以外でも展開中

そんな弱虫ペダルは、漫画だけの世界にとどまらず、多方面でも展開されています。

アニメはもちろん、舞台にゲーム、最近ではスロットでも、弱虫ペダルを題材にした台が出たらしく、面白いと評判だそうです。

各方面での展開により、今まで弱虫ペダルを知らなかった層にも、認知が上がり、人気に拍車がかかっている、弱虫ペダル。
これぞスポ根漫画といえる漫画であり、身近にはない自転車という競技の魅力も感じさてくる、弱虫ペダル。
寒くて外に出たくないな。
と思う日に、暖かい部屋で読んでみて、心も熱くしてみてもいいかもしれんませんね。

関連するまとめ

スポーツ界で輝く名将の指導術【ビル・ベリチック編】

ビル・ベリチックのNFL史上最高のコーチの一人 目次 1.成功への道:ビル・ベリチックの経歴と初期のキャリア…

三重県の地ビール①

1994年の酒税法改正による規制緩和に伴い、小規模醸造が可能になったことで全国的に増えた日本のクラフトビール…

中山葵

スポーツ全般大好きです。
球技は特に大好きで、バスケをよく観戦しています。
今までスポーツは観る専門でしたが、これからは色んなスポーツをやっていきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?