手軽にできる、ウォーキング

ウォーキングといっても、ただ漠然と歩くだけではいけません。
まずは、時間をかけてストレッチをし、ウォーミングアップをすることが大事です。

歩く姿勢にも意識し、背筋を伸ばし、筋肉を使っているのを実感しながら歩きましょう。

脂肪が燃焼するのは、運動開始から20分と言われているので、20分以上歩かなければ意味がありません。
毎日こつこつと続けることが、ダイエットを成功させるコツです。

1週間に1度だけ頑張っても、効果はあまりありません。
終わったあとも、きちんとストレッチをし、筋肉をほぐしましょう。

水泳は、体にも優しいスポーツ

ダイエットのスポーツでお勧めなのが、水泳です。
水には浮力があるため、体重が重い方でも、体に負荷をかけずに楽しめます。

水の中を歩くだけで、水の抵抗力のおかげで、全身の筋肉をバランスよく使うことができ、泳ぐのが苦手な方でも、これだと挑戦しやすいのではないでしょうか。

また、水圧により体が知らないうちにマッサージされているような効果も得られます。
歩こうと体を前に動かすと水圧がかかり、その水圧が老廃物を押し流してくれるのです。

泳ぎが得意な方は、平泳ぎやクロールのカロリー消費量が高いので、お勧めです。
痩せようとして早く泳ぐ必要はなく、ゆっくりと気持ちがいい程度に泳ぐのが効果的です。

水泳をした後に注意すべきことは、食事です。
水泳後は知らないうちに、かなりのカロリーを消費しているのでお腹が空いていると思います。

カロリーのことを考え、バランスの良い食事をとりましょう。

サイクリングでエコなダイエット

スポーツを始めたいけれど、お金がかかるのはためらってしまいますよね。
そんな方にお勧めなのが、サイクリングです。

通勤、通学で車やバスを利用している方は、その移動手段を自転車に変えるだけで、立派なダイエットになります。

ダイエットで失敗するのは、続かなくて挫折することだと思いますが、この方法だと、一度慣れてしまえば自転車移動が生活の一部になるため、挫折する確率は低くなります。
また、特別に時間をつくる必要もないため、長続きしやすいでしょう。

下半身の筋肉が鍛えられるのに、自転車だとランニングのように足を痛めることも、ほとんどありません。
ギアをチェンジできる自転車を利用すると、負荷を調節しながらさらにダイエット効果を得ることができます。

交通費も浮かせることができ、お財布にも体にも優しいエコな方法です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ミネラル不足で夏バテに?!ベタベタする汗に注意!

暑くなると体にだるさが残りやすいいですよね。夏バテです。そんな夏バテの原因は、実は汗をかいてミネラルが不足す…

チンゲンサイの力

野菜炒めやスープをはじめ、主に中華料理で使われることが多い「青梗菜(ちんげんさい)」。 中国野菜の代表格と…

朝食ヌキは脳の断食です。

朝食は大事なんですよね。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。