バレーボールでも足を使っていい

バレーボールは手や腕を使うイメージが強いスポーツですが、足を使ったレシーブはルール上認められています。

相手コートに返球する場合も、自分のコートに上げる場合も、全身どこを使ってボールを処理しても反則にはなりません。

全身どこを使っても良いので、足だけでなく頭でヘディングすることも問題ありません。

バレーボールの返球に関するルール

1995年のルール改正の前は、「膝から下での打球禁止」というルールでした。ルール改正後は全身どこを使っても良いことになり、バレーボール6人制競技規則 で「ボールは身体のどの部分で触れてもよい」とされています。

足以外の返球方法

全身を使っての返球には、意図的に足を出してレシーブする以外にもいくつものケースがあります。

他の返球のケース(1)
ブロックの時に手ではなく、頭や顔に当たって相手コートに返った場合。そのまま相手コートに落ちればもちろん自チームの得点になります。

他の返球のケース(2)
イレギュラーして飛んできたボールが自分に飛んできて、背中などに当たって上がったボールもセーフです。試合中に、スパイクボールが足の甲に当たるというケースはハイレベルの試合でも時々見られます。

足を使うことが許されないプレー

全身どこを使ってもよいという規則でも、一つだけやってはいけないプレーがあります。それはサーブは足で打ってはいけないということです。

ラリー中に足を使ってボールを相手コートに返球するのは反則ではありませんが、サーブだけは足で打ってはいけないというルールが明確化されています。足使用可というルールは、あくまでラリー中に限ったものです。

関連するまとめ

アタックZERO PRESENTS ”最後のユニフォーム”プロジェクトを12月9日よ…

花王株式会社の衣料用洗剤ブランドのアタックZEROは、これまで沢山のスポーツを通じて、何かに夢中になる子ども…

男子バレー2024年パリ五輪に期待

日本が世界大会で表彰台に上がったのは、1977年のワールドカップ(W杯)で銀メダルを獲得して以来。

関連するキーワード