みなさんはサンドボールをご存じでしょうか。
名前の通り砂がずっしりと入っているボールですね。
このボールをどうやってトレーニングに活かすのでしょうか。
投げるために?打つために?
今回はそんなサンドボールについて少しですが紹介したいと思います。

サンドボール

サンドボールは通常の硬式球の重量を基準として、プラスマイナスの重さで作られたゴム製のボールです。サンドボールの他にも、プライオボール、プライオケアボール、ウェイトボールなどといった呼び方があります。

最初にサンドボールが生まれたのはアメリカで、野球のトレーニングを専門に行っている施設が研究のもと制作されました。

効果

サンドボールは主に投手のウォーミングアップなどに使用されています。トレーニングの効果としては、

⬛︎肩の最大外旋可動域を広げる
⬛︎全身を使った投球フォームの習得
⬛︎球速アップ
ですが、サンドボールを使うことで最も強化されるのは「指先の感覚」だと言えるでしょう。これは、他のトレーニングではなかなか強化できない部分です。

ただし、重いサンドボールを投げるトレーニングは肩や肘に負担がかかりやすく怪我につながりやすいため、最大の力の50~70%くらいで投げるなど、ウォーミングアップからはじめるようにしましょう。

バッティング

普通のボールよりも2倍程重いため、鋭いスイングをしなければボールを弾き返すことができません。

スイングが弱いと、ボールの重さに負けてしまって、勢いのない打球になってしまいます。

・手首(リスト)の強化

インパクトの瞬間に力を入れる感覚を体感します。

普通のボールよりもインパクト時に衝撃があるので、手首で押し込む感じが要求されます。

関連するまとめ

カープびいきvol.56 8月4日 DeNAベイスターズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

山川穂高選手の3連発で23年ぶりの11連勝!2位とのゲーム差を5に縮めた埼玉西武ライ…

相手投手が球界を代表するエース則本投手。2点で抑えればと思っていましが、昨晩も埼玉西武ライオンズ打線が相手投…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集