色々なスポーツで歴代の記録に辿り着こうとすると、過去の選手の記録が紹介されたりしますね。
今回はNBAの通算得点に近づいた選手がいますね。
少しですが紹介したいと思います。

レブロン・ジェームズ

ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)のレブロン・ジェームズ(LeBron James)が、2023年1月15日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(Philadelphia 76ers)戦で史上2人目となる通算3万8000得点に到達しましたね。

チームが112-113で惜敗して3連敗となる中で、35得点10アシスト8リバウンドをマークしたジェームズは、第1クオーターに3万8000点の大台を突破し、観客と選手に偉業達成を認められました。

歴代1位は3万8387点

カリーム・アブドゥル・ジャバーは1969年のドラフト1位でNBA入り後、75年までの6シーズンをミルウォーキー・バックス、75~89年の14シーズンをレイカーズでプレー。通算20シーズンで優勝6回と2度のファイナルMVP、ともに史上最多となる6度のシーズンMVPと19回のオールスター選出を誇る。さらにレギュラーシーズンにおける通算3万8387得点は、引退から30年以上にわたって歴代トップに君臨している。

スカイフック

218㎝の身長が大きな武器だったのはもちろんだが、彼を無敵の選手としたのはフックシュートだった。NCAAが1967-68シーズンから試合中のダンクを禁止したため、フックシュートに磨きをかけ、芸術の領域まで完成度を高める。長い腕を一杯に伸ばし、最高の打点からシュートを放たれては、対戦相手はただ外れるのを祈るしかなかった。この必殺技〝スカイフック″を駆使して、コートを支配しました。

出典:YouTube

関連するまとめ

NBAオールスター間近!気になる順位はどうなっている〜ウェスタン編〜

オールスター前がトレードデッドラインもある2月。 これからプレイオフ争いが激しくなってくるNBAの現在の順位…

NBAのチーム数と特徴

NBAプレーオフは、各シリーズ7試合制で行われます。 4勝したチームが次のラウンドに進出することができます