正月太りとは

正月太りは、正月期間中の日常と異なる生活ペースが原因です。

正月太りの具体的要因は、起床就寝時間の乱れや糖分を多く含むおせち調理・酒の過剰摂取、通勤通学しないことによる運動不足で、日本人の8割以上が正月太りを経験しています。

普段から食べ過ぎ・飲み過ぎがちな人や冷え性の人は、正月三が日に過多な脂肪を蓄積しやすく、より正月太りを感じる割合が多いです。

正月太りの原因

正月太りは、日常と異なる生活パターンが原因で起こります。

年末年始は普段と違う飲食物を不規則に摂ることが多く、カロリーを過剰摂取しがちです。通勤通学のない正月は、運動不足や起床就寝時間の乱れも増えます。通常と異なる体の動きを脳が体の危機と誤解し、エネルギーを過剰蓄積し始めることが正月太りのからくりです。

正月太りを解消する方法

正月太りの解消は、生活リズム・食事・運動の3方向アプローチがベストです。

ただし運動が苦手であったり仕事で時間が不規則になったりし網羅できない場合は、負担に思わずできる方法から始めることをおすすめします。正月太りの解消時に大切なことは、ストイック過ぎたり時間的な無理を生じさせたりしないことで、無理しすぎた場合には痩せた後のリバウンドやストレス性の体重増加を引き起こし逆効果となる可能性が高いです。

生活リズム改善による解消

正月太りは、乱れた生活リズムを規則正しくすることで解消できます。

生活リズムが乱れ体内時計が正常に機能していない体は、消化や排泄が必要量できなかったり燃焼すべき体脂肪がエネルギーに変わらなかったりします。正月に生活リズムが大きく乱れた場合には、生活リズムを整えることから始めると、排便習慣が整い脂肪蓄積が抑えられ痩せやすい体を作ることが可能です。

食事による正月太りの解消

正月太りの解消には、糖質や炭水化物を抑えた食事を心がけることも効果的です。

おせち料理やお雑煮には糖質や炭水化物が多く含まれているため、正月太りをした体は通常時よりも太る原因になる栄養素が多く蓄積している状態となります。痩せるには過多な栄養素を意識的に減らし、筋肉やエネルギーの元となる栄養素を増やすことが早道です。

運動による正月太りの解消

正月太りは、運動でカロリーを大幅に消費することで効率的に解消できます。

正月太り解消に効果的な運動はカロリーを消費しやすいウォーキングや筋トレで、高い成果を得るポイントは下半身の大きな筋肉を動かすことにあります。正月太り解消のスタートが1月中であるならば、ついた脂肪が体に定着しきる前であるため、さらに効果的です。

関連するまとめ

パパイアの力

南国の果実の代表格である、パパイア。トロピカルフルーツ特有のまろやかな甘みと、とろけるような舌触りが人気の果…

お菓子なのに意外!「あんこ」にダイエット効果あり?!

和菓子は洋菓子と比べ、低カロリー。それに欠かせない材料である「あんこ」に栄養はあるのでしょうか?

知られざるカフェインの効果!メリットデメリットをしっかり覚えておこう!

コーヒーの最も特徴的な成分で、お茶やコーヒーなどの食品にも含まれています。 カフェインの効能としては、興奮作…

関連するキーワード