散歩はダイエットにおすすめ

散歩は、手軽にカロリー消費ができる運動です。散歩ダイエットは、歩くフォームを工夫するだけで通常の歩行に比べて多く脂肪を燃焼させることができます。カロリー消費の多い歩き方を身に着けることは、日常生活で徒歩の機会が多い人や散歩が好きな人にとって簡単に痩せることができるメリットがあります。

散歩ダイエットは、体重50kgの人が1時間の歩行をすると1日180kcalのカロリーを消費することができます。通常のウォーキングでは、同じ体重の場合150kcal程度の消費が限界です。散歩ダイエットは、歩き方を工夫することで通常のウォーキング以上にカロリーを多く消費することが可能です。

散歩ダイエットの効果

基礎代謝の向上

散歩ダイエットは、普段の生活の運動量を稼ぎ体温を上げることで基礎代謝を高めます。日常生活に散歩を取り入れることは、体が動いている時間を増やすことができます。体を動かす時間は、多いほど体温を高く保つことが可能です。高い体温は、基礎代謝を向上させ脂肪が燃えやすい体を作ります。

体脂肪の燃焼

散歩は、有酸素運動で効果的に脂肪を燃焼することが可能です。

散歩ダイエットは、息が切れない程度の運動量で長時間にわたり体を動かすことで脂肪を燃やします。有酸素運動は、激しい運動の無酸素状態に比べて血中にある脂肪酸が減る特徴があり、エネルギー代わりに脂肪を消費させます。

ダイエット以外の健康効果

ストレスの解消

散歩には、心の不調を解消する効果があります。ウォーキングのメリットは、セロトニンと呼ばれるストレスを軽減させる物質が脳内に伝達することです。特に朝の時間帯の散歩は、体内時計をリセットする効果がありセロトニンが多く分泌されます。

自律神経が整う

散歩は、神経のバランスを整えて不調を改善することが可能です。自律神経は、交感神経と副交感神経がありお互いがバランスよく働くことで体を支えています。散歩の軽い運動には、交感神経を落ちか付かせて自律神経を整えるメリットがあります。

交感神経と副交感神経は、異なる働きをしています。交感神経には、体を活発に動かす機能があります。副交感神経は、体をリラックスさせることが可能です。2つの神経のバランスが整うことは、心と身体の健康に重要です。

免疫力アップ

散歩には、外気を吸って太陽を多く浴びることで免疫を高める効果があります。ウォーキングの軽い有酸素運動は、人の体に侵入するウィルスの侵入を防ぐナチュラルキラー細胞を活性化することが可能です。また、太陽を浴びることはビタミンDを生成し免疫システムを正常に動かします。散歩は、体を守る免疫を手軽に手に入れられます。

関連するまとめ

夏バテ防止にみょうがを食べよう

真夏の食欲が落ちる時に重宝するのが、みょうがですよね。

春の訪れとともにやってくるのは恒例の花粉ですよね。対策をご紹介します。

暖かくなって過ごしやすい気候になり、桜も咲き始め、春の訪れを感じるようになってきました。と同時に、花粉ですよ…

名前以上に恐ろしい!話題の「ゴースト血管」とは

血液がほとんど流れなくなり、やがて毛細血管が消えてしまうという症状が話題になっています。その症状の名は「ゴー…

関連するキーワード