2002年の日韓ワールドカップにて、イングランド代表のデイヴィット・ベッカム選手が、使用し「ベッカムカプセル」と言われた事で注目を集め、2006年には高校野球の早稲田実業・斎藤佑樹投手が駒大苫小牧との引き分け再試合の際に使用し、回復力を高めた事でも脚光を浴び、現在でも酸素カプセルはスポーツ選手に多く愛用されています。
最近では一般の愛好者も増え、カプセルに送り込む空気にアロマを混ぜて、リラックス効果を高めるものまであります。

酸素カプセルでなぜ疲労回復するのか

酸素カプセルとは、液体は気圧が高くなるほど、酸素を多く含むことができる仕組みを利用し、カプセル内の気圧を高めることによって、液体である血液中の酸素濃度を高めるためのカプセルです。

酸素不足になるとだるさを感じます。酸素は乳酸などの疲労物質を分解・除去する働きがあるので疲労や筋肉痛を軽減してくれますので、酸素の血中濃度が上がると、疲労回復効果が高まり、疲れにくくなります。

疲労回復以外には、どんな効果が期待できるの?

●美肌

皮膚は酸素が行き届きにくく、シミ、しわなど老化しやすいところ。溶解型酸素は小さいため毛細血管も通りやすい。酸素がいきわたると、血行がよくなり新陳代謝も活発になるので美肌効果が期待できます。
また、新陳代謝UP、血行が良くなることで冷えやコリの解消も期待できます。

●ダイエット

酸素が十分に供給されることで代謝はより活発にスムーズに行われるので糖や脂肪が燃えやすい状態になります。疲れにくくなるので運動も楽に行えダイエットの助けになります。

●ケガの回復時に

スポーツ選手がケガの回復に利用することで有名ですが、科学的な実証データ等についてはこれからという段階で、現在その効果については様々な報告から研究・考察されているところのようです。筋肉・靱帯損傷や骨折が起こると毛細血管も切れ血流が悪くなり酸素不足に陥るので、患部の酸素不足を解消することによって回復を助ける効果が期待されています。

●集中力アップ

脳は全酸素消費量の20~25%を消費していると言われます。脳の細胞が慢性酸素不足で疲労していると頭がボーッとしたり記憶力にも影響します。また脳が慢性酸素不足だとボケの原因になるとも言われます。
脳に酸素がいきわたることで頭がスッキリする効果が期待できます。

関連するまとめ

お弁当用レジ袋をバイオマスプラスチックに変更 松屋、無料提供の継続

株式会社松屋フーズは、2020年7月1日(水)から始まったプラスチック製買物用レジ袋の有料化制度の実施に伴い…

11 月のテーマは“ワインがすすむピカールのおつまみ” ワインペアリングを楽しむ、…

イオンサヴール株式会社が展開する、美味しさと品質にこだわる冷凍食品専門店Picard(ピカール)は、10月2…

お金のトレーニングスタジオ「ABCash」ブランドアンバサダー就任記念 ローラが感じ…

株式会社 ABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ、本社:東京都新宿区、代表…

関連するキーワード