みなさんはデンプシーロールという言葉をご存じでしょうか。
ボクシングでの技の名前と言っていいでしょう。
ボクシング漫画「はじめの一歩」で主人公の幕之内一歩が使う必殺技が
デンプシーロールですね。
このデンプシーロールは実際にあったのでしょうか、
少しですが紹介したいと思います。

ジャック デンプシー

ジャック デンプシーは、1919 年から 1926 年までボクシングの世界ヘビー級チャンピオンであり、アグレッシブでダイナミックなファイティング スタイルで知られています。デンプシーは他の多くの敵よりもはるかに小さく、リーチも短かったが、粘り強さとテクニックで世界最高のファイターを打ち負かすことができた. 彼のテクニックの 1 つは、今日に至るまで彼の名前を冠しています。それは、デンプシー ロールです。この動きの組み合わせには、素早いフットワーク、ダイナミックな頭の動き、そして壊滅的な打撃を与えるデンプシーの有名な「肩の渦」が含まれます。デンプシーの原則のいくつかを理解し、多くの練習を積むことで、彼の有名なロールを使用してリング内の相手との距離を縮めることができます。

現在は

「ボクシング技術の発達した現在、デンプシーロールはカウンターをもらいやすいので誰も使わなくなった」といった言われ方をしていました。

ですが現代ボクシングでもインファイトの殴り合いや、相手を仕留めに一気に攻め込むときなどはデンプシーロールが使われていると言ってもいいと思います。

ウィービングを繰り返しながら左右のフックを打って相手を追い込んでいく場面って少なくないですよね。

関連するまとめ

大台到達!!白鵬、史上3人目の1000勝達成!

大相撲九州場所3日目、東横綱・白鳳が前頭二枚目・魁聖を上手投げで降し、通算1000勝を達成。この記録は元横綱…