みなさんはバスケットボールでの退場を見たことはありますでしょうか。
コンタクトプレーが多いバスケットボールではファウルが多いですね。
しかし、バスケットボールでは一発退場はあまり見たことはないですね。
今回はバスケットボールでの一発退場について少しですが紹介したいと思います。

ディスクォリファイングファウル

スポーツマンシップに反する行為であることに加え、もっとも悪質だと判断されたときに宣告されるのが「ディスクォリファイングファウル」です。ディスクォリファイングファウルが宣告されたプレーヤーはその場で失格・退場となります。同じゲームにおいてアンスポーツマンライクファウルを2回宣告されたプレーヤーもディスクォリファイングファウルとなり退場となります。ディスクォリファイングファウルは、ゲームに出場しているプレーヤーだけでなく、ベンチエリアにいるコーチやベンチプレーヤーにも適用されます。コーチがテクニカルファウルを2回宣告された場合、またアシスタントコーチやベンチプレーヤーのテクニカルファウルの数が合計3回になった場合にはディスクォリファイングファウルとなり、ペナルティとして相手チームにフリースローとスローインが与えられます。

ファイティング

「ファイティング」とは、コーチやアシスタントコーチ、ベンチにいる交代要員など、ゲーム中のプレーヤーではなくチームの関係者に適用されるファウルです。このルールが適用されるシーンは、コート上や周辺において、暴力行為や乱闘が起きたときや起こりそうなときに限られます。そうした状況において、暴力行為を止めることが目的であれば、コーチやアシスタントコーチがベンチエリアから出ることは認められています。しかし、コート上において争いを止めなければファイティングが適用され、失格・退場となります。ファイティングが宣告された場合は、チームファウルにカウントされるのではなく、コーチへのテクニカルファウルとしてカウントされます。

関連するまとめ

18-19シーズンも1/4が終了。序盤戦終わった気になる順位は〜イースタンカンファレ…

本命チームの躓きや、ドアマットチームの善戦。シーズン20試合ほど消化したNBA。 レブロンがイースタンカンフ…

千葉が初の日本一!バスケットボール全日本選手権

バスケットボールの全日本総合選手権は最終日の9日、東京・国立代々木競技場で男子決勝が行われ、千葉が川崎を88…