シーズン4位オクラホマシティ・サンダーとシーズン5位ユタ・ジャズの対戦となったウェスタンカンファレンス・プレイオフ1stラウンド。
セミファイナルへ駒を進めたのは、ユタ・ジャズでした。

4勝2敗でユタ・ジャズの勝利

サンダーのホームで始まったプレイオフはジャズの勝利となりました。
スコアはこちらの通りです。
【サンダーホーム】
1戦・○サンダー116-108ジャズ●
2戦・●サンダー95-102ジャズ○
【ジャズホーム】
3戦・●サンダー102-115ジャズ○
4戦・●サンダー96-113ジャズ○
【サンダーホーム】
5戦・○サンダー107-99ジャズ●
【ジャズホーム】
6戦・●サンダー91-96ジャズ○

ウェスタンカンファレンスのプレイオフ1stラウンド1番の注目カードは、シーズン5位のジャズが、4位のサンダーを破る結果です。
サンダーの個のオフェンス力と、ジャズのチームディフェンスの勝負と予想していた通り、サンダーが勝利した試合は、ウェストブルックとジョージがハイレベルなプレイで高得点を上げ、ジャズが勝利した試合はサンダーのオフェンスを抑えた形でした。

セミファイナルの相手はシーズン1位のロケッツ

ジャズのセミファイナルの相手は、シーズンリーグ全体1位のヒューストン・ロケッツです。
サンダー同様にオフェンス力があるチーム。サンダーとの違いはチームのオフェンスシステムが確立されているとこでしょうか。
サンダー戦同様にジャズのディフェンスがロケッツのオフェンスをどこまで抑えれるかがポイントでしょうか。

サンダーのBIG3は1年で解体か

今シーズンが始まる前に、ペイサーズからポール・ジョージをトレードで獲得。
ジョージが17-18シーズン終了後にFAを行使するとペイサーズに伝えたことで起きたジョージ争奪戦。移籍先にサンダーの名前が出ていないなか、ジョージを獲得したのはサプライズでした。そしてキャンプイン直前で、ニューヨーク・ニックスからカーメロ・アンソニーもトレードで獲得。
ウェストブルックにジョージとアンソニーでスーパーチームが出来たと思いましたが、シーズン中からうまく噛み合わず、個々のオフェンス力だけで試合に勝っているだけなシーズンでした。
今シーズンの成績は48勝34敗。プレイオフは1stラウンド2勝4敗で敗退。
昨シーズンの成績は47勝35敗。プレイオフは1stラウンド1勝4敗で敗退。

BIG3を結成したシーズンで、昨シーズンからの上積みがシーズンもプレイオフもわずか1勝というのは悲しい結果です。
このオフはどうなるか。
ポール・ジョージは、噂通りレイカーズへFA移籍となるのか。
明らかに機能していなかったカーメロ・アンソニーはどうなるのか。
希望に溢れていたシーズン前とは真逆、先の見えないオフになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2018 NBAアウォーズ各賞最終候補発表〜その1〜

スポーツライター、放送関係者の投票で決まった、今シーズンに各賞の最終候補が発表されましたので、順次ご紹介して…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。