1日のうちで筋トレにおすすめの時間帯があれば、反対に筋トレを避けるべき時間帯もあります。

ダイエット効果を高めるためにも、筋トレを避けるべきタイミングを知っておきましょう。

筋トレNGタイミング『空腹時』

空腹時は、身体が栄養不足の状態です。空腹時に筋トレを行った場合、身体は筋肉を分解してエネルギーを取り出そうとするため、筋肉量が減る可能性があります。

つまり筋肉量を増やし、痩せやすい身体を作るためには、食事を抜いて筋トレをするのはNG。また、朝食前の筋トレも避けた方が良いでしょう。

また、女性は食事量を調整して痩せようとする傾向がありますが、ダイエット目的で筋トレをする際は効率が悪くなってしまうので特に注意しましょう。

筋トレNGタイミング『満腹時』

満腹時は、食べ物を消化するために胃腸を活発に動かす必要があります。しかし、筋トレを行ってしまうと、消化吸収に使われるべき血液が筋肉を動かすために動員されてしまいます。

これが消化不良の原因になり、健康的なダイエットに悪影響を及ぼします。また、腹部の疼痛や気分が悪くなるなどの体調不良を招くことも。

では、食後どれくらい経ったら筋トレOKかというと、食事をしてから1~2時間後です。満腹時は、無理な筋トレは避けて、食べ物の消化に集中できるようにのんびり過ごしましょう。

筋トレNGタイミング『睡眠前』

昼間に活発になっていた交感神経は、夜間には副交感神経に切り替わり、身体は休むモードに入ります。ところが、寝る直前に筋トレを行うと交感神経が刺激され、神経の切り替わりがスムーズにいかなくなります。

眠れなくなるだけでなく、睡眠の質にも影響が出る可能性もあり、こうなると、睡眠中の成長ホルモンの分泌がうまくいかず、筋トレの効果が半減してダイエット効果を十分に得られない可能性があります。

これらの結果、寝る直前の筋トレは、寝つきが悪くなるため避けるのがベターです。

まとめ

早朝から夜まで。筋トレをするタイミングにより、得られる効果が異なります。また、筋トレ効果を得にくい時間帯もあるため、注意が必要です。

ダイエットは本当に大変。だからこそ、効率よく筋肉を鍛えて痩せやすい身体で美ボディを手に入れましょう。

関連するまとめ

初心者がやりがちな筋トレの間違いとは

筋トレは、筋肉をつけて体力を向上させるのに最適な方法ですが、初心者はこの筋トレの成果を阻んでしまうようなこと…

体幹&腹筋を鍛えて目指せ細マッチョ

夏までに美しい細マッチョになりたい男性も多いはず。 誰でも簡単に始めれる腹筋で細マッチョを目指しましょう

【特別企画】新日本プロレス×BeatFit プロレスラー小島聡選手&永田裕志選手の特…

株式会社BeatFitは、新日本プロレスの小島選手、永田選手とコラボレーションした「新日本プロレス 特別パー…